練馬の耳鼻科医院のHP内にある院長先生のコラムで、
↓のような文章がありました。

小さなお子さんが受診した時に耳垢をとったり、鼻水を吸引したりします。
お子さんが嫌がるときに、お母さんまで一緒に「イヤだったね」とか「(イヤ な思いをさせて)ごめんね」という方がいます。
病気をよくする治療をしているので、是非「がんばったね」「はやくよくなろうね」と声かけをしてください。
「イヤだったね」「ごめんね」だと、こちらも悪いことをしているようで、悲しくなります。


このコラムについて考察したら、凄ーくキツイ文章になってしまったので(毎度のことですが 笑)、念のため折り畳みます。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
困った保護者あるある(苦笑)。

バスや電車車内で騒いでる自分の子を注意するのに、

「運転手さんに怒られるからやめなさい」とか
「あのおばさんが睨んでるからやめなさい」とか言って(いや、マヂで言われたことあるっすよ)、

注意したつもりになってる教育熱心な親御さん、居るよねー。

まー、最近は注意どころかスマホ画面しか見て無くて、子供が店のもの落としたり壊したり食べちゃったりしても平然平気で放置状態の親(あれでも親っていうのか?)も珍しくないからなー。

だけど、自分の子供躾るのに、他人をダシにして言うのやめてほしい。
それに、ワタシが睨んでたのは確かに騒いでるク◯ガキだけど、それ以上に腹立ってたのは、その横で平然とスマホしてる母親のあんただよッッ(怒)

話を耳鼻科に戻しまして、

確かに、耳鼻科治療って小さな子供さんには拷問に近い行為になるのは致し方ないけど、

だからって、泣き叫ぶ我が子を宥めようとするあまり、治療してくださってるドクターを貶めるような物言いは如何なものでしょうか。

SNSや通信ツールの言語候補が飛躍的に進歩すると同時に、扱う側のコミュニケーション能力の低下が叫ばれて久しい今日この頃ですが、
(誤字変換なんか、いい大人なのに普通にあるもんね)

言葉を知らない、言葉のTPOを弁えない人種がザクザク増殖してる気がするよ。

無闇矢鱈に「頑張れ」連呼して励ましてる気になってる無神経とか、
善意と親切と優しさで押し付けられる手前本位とか、
取り敢えず褒めときゃいいだろって下心が見え見えの丸投げ褒め殺しとか。


しかも、Yahooで話題の記事として紹介されてたんですが、

患者思いの、優しい、一生懸命なドクターですねという大方の感想に混ざって、

「意味が分からない」「ナニさま?」というコメントも散見されまして、

この手のコメントはそもそも表面的な読み込みしかしてないし、読解力の無い人も居るし、匿名の単なる吐き捨て(書き捨て)なのでいちいち拘るほどのものでもないんですが、

「意味が分からない」ってのも相当ですが、「ナニさま?」って…、

それ、金払ってんのはこっち(患者)なんだから、偉そうにしのごの注文つけてないで、黙って子供泣かさずに治療すればいいんだよって、そゆことすか?
(未就学児童の子供泣かさずに治療できる歯科・眼科・耳鼻科が居たらお目にかかりたいもんだ)

そおゆうジコチュー患者と家族は診察拒否したいだろうなー。
(実際は出来ないけど)

謙虚であることと、礼節を重んじるって、人と人の関わり合いの中で重要な作法の一つだと思うんですが、

それは主導権から決定権まで何もかもお任せするのではなく、
ある程度予習し、正確な基礎知識を持って、不明な箇所を質問し、納得して選択、決定する責任を持ち、

殊更おべんちゃらを使い、袖の下を渡し、こちらが卑屈になって見せることで相手を持ち上げるというようなことでもなく、

普通に、医師と患者という立場の違いは有れど、協力して治療に当たるチームメイト的ポジションで誠意を持って対応することではないかと思うのですが。

特に、年取ってくると、病院やお医者との関わり合いはぐっと増えてきます。

ドクターも人間。アラばっかり探したり、いちいちこちらの言うことに反論してくるような輩より、良い関係で治療できる患者の方が嬉しいでしょう。

若さも肩書きも財力も無くなった時、一個人として周囲が親切にしてくれるような人間的魅力を備えた存在であればいいんですけどね。
(あ、でもワタクシ、因業ババア目指してますんで)



余談ですが、友人宅に招待されて、ご馳走振る舞われて、あまりの美味しさに感激して口から出た言葉が

「こんなの、食えたもんじゃないっすよ」
# ̄  ̄)ノ ばしっ☆
言葉の使い方違うやろ
(本人的には『こんなに美味しいものは食べたことがありません。大大大感激です。ご馳走様でした』のつもり)
が、しかし、ホスト家族、特に料理を作ってくれた奥様をドン引きさせた なんてのは笑い話だった筈なんですが、

「情けは人の為ならず」を
『情けをかけることは相手の為だけでなく回り回って自分の為になる善行である』ではなく、
『情けをかけるのは相手の為にならない』と誤解している人がかなりの割合を占めてきているように、

ご馳走に預かって「食えたもんじゃないっすね!」と嬉々と謝意を述べるという場面も、今後普通にあるような気がします。



介護してる人に「偉い」っていうのもやめてくれないかな…
あれ、言われて嬉しい人居るんですかね。
ワタシ、嬉しくないんですけど、でも、他に言いようがないんだろうなとも思うんですけどね。

じゃあ、なんて言えばいいんだ?って聞かれたことありますが、もう正直黙ってて欲しいんですよね。
なんか言わなきゃと思うんでしょうけれど、絶対ワタシが言って欲しいような言葉は出てこないんですから、
(今までお疲れ様でした、何もかも押し付けていてごめんなさい、これからは全部私がやります とか 家も土地も全部アナタの名義に書き換えます とか ナイナイアリエナ〜イ 大笑)
(そもそもワタシ他人なので、相続は完全部外者 なのに、介護は一切丸投げ)

だったらいっそ何も言わないで居てくれたほうがよっぽどマシです。



POTE
Posted byPOTE

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply