WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

Entries

まだ途中だけど

7年間(じじ様車椅子から始まって、じじばばダブル、ばば様専属)の軌跡の片鱗…の一部。(じじさま逝去で処分したものも結構あるので)

青:爺様ファイルNo.1&2、
ピンク:婆様ファイルNo.1&2
IMG_1747_convert_20150208161907.jpg
うちはじじ様単独の頃からデイ2箇所利用してましたので、
施設ごと、事業者ごとに見出しをつけ、契約書控えだの、連絡事項だの、介護計画表だのをこれにまとめてました。
その後、訪看、訪問内科医、訪問歯科と増え、レンタル会社も二箇所になったりしたので、
入院中の忘備録も足し、誰に質問されても、とにかくこのファイルをひっくり返せば大体の経緯と現状が分かるようにしました。
おかげで、どこの事業所だ?というような立派なファイルです。(そうでもないか?)
(事務的な記録に混じって、修羅場になると欄外、枠外に「ふっざけんなよー!」とか「爆涙」とか殴り書きコメントが増えてて)
(自分のメンタル状況がよく分かる)
(記録そのものよりそっちの方が後々すごく参考になった)

婆様ファイルはNo.3に移行の気配(笑)。

健康診断結果とか、オムツ助成カタログ(爺様)とか、お薬手帳とか、ショートステイサマリーとか
IMG_1744_convert_20150208160833.jpg

爺様ベンベン記録
便秘気味な人で、一週間音沙汰なしの時とか、どのタイミングでマグ増量するか、エライ気を揉みましたわ。
ショートでも初めの頃は失禁失敗が酷くて、ちょっと顔見に行ったら、着替え全部使い切ってて、
水洗いした洗濯物が山のようにビニール袋に詰めてあって、
慌てて家にとって返して次の着替え持ってったりしましたっけ。
IMG_1743_convert_20150208160601.jpg
体調不良になったりするとバタバタになり、殴り書きでも何でも症状や体温推移をメモしておかないと、すぐうろ覚えになって報告内容の整合性が取れなくなるので、ドクターや訪看、施設に報告する時の為や、後日、同様の場合の状態に備える為にも記録は凄く大事でした。

特養申し込みの施設回り用に買ったハンディ地図。
初回はじゃっくさんが車出してくれて一緒に申し込みに行ったんだけど、
IMG_1749_convert_20150208160655.jpg

2年目以降は一人で行きますた。
区内10箇所くらい書類出したかな。
都バスの乗り場とか、降りる停留所名とか、至近距離に複数施設があると続けて回れるように順番組んだりね。
最後は自転車で回ったなー。
(一級河川沿いに、広域避難区域指定にもなってる立派なサイクリングロードがあるんで、走りやすいし、分かりやすい)
(時々迷って、違う方向でさまよったのも今となっては良い思い出)
(結局特養の順番回って来る前に、爺様は虹の橋渡っちゃったんで)
IMG_1748_convert_20150208160630.jpg

じじ様は95歳過ぎてからは、腸骨骨折や腰椎骨折の度に体力が低下し、本当に息してるだけでも疲れ易くて、
出来ればデイサービスになんか行かないで、ずっと家に居たかったんだけど、
それだとヨメが潰れてしまうので(実際潰れかけた)、週2回、お風呂サービスをエサに行ってもらってました。

だけど、車椅子でもずっと起きてることが出来なくて、すぐ寝たがって、
ショートステイのリハビリも、全然乗り気じゃなくて、あの手この手で担当PTが促しても機嫌が悪いと怒鳴りつけたりした気難し屋だったけど、

年齢と体力低下を考えたら無理らしからぬところだったかな、と。

でも、施設側(老健)にしてみれば積極的にリハビリする意思も無いのに、老健利用してんじゃないよっつー困惑もあったんでしょう。


ワタシ、呼び出しくらって、
「リハビリをするところですので、寝られては困るんです」

と、ハッキリ言われた。
(確かに、リハビリするためのデイケアなんで、正論といえば正論ですが)
(アンタも腸骨と腰椎圧迫骨折して、自力歩行できない、疲れやすくて1時間も起きていられない体重45キロの95才になってみなさいよ)
(それをうまいこと誘導してリハビリさせるのもアンタらの仕事じゃないんですかい?)
(とは言ってません)
(結局、別の、昼食後30分程度お昼寝休憩させてくれる「物忘れグループ(認知症)」対応デイに移りました)

今となってはそれも懐かしい…と言うと思いましたか?

ふっふっふ…









終生忘れない怨嗟です(笑)

若干、逆恨みと言えば言えるので、ま、ちょっと小声で。




今朝のN◯Kアサイチでも認知症の親を抱えた娘の介護について特集中。
皆さん、見てますかー?





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

リハビリ~ 

介護の記録をとっておくのも次の介護(したくないけれど)のときにちょっとは心の休憩ができるかもしれませんね。
父親も100歳、ディは大好きで決して、休む、とは言いません。ただし次の日は疲れるのか朝食を食べたらすぐに寝てしまいます。
行ってくれないとこっちの都合もあるので困るのですが、そうそう年寄りにリハビリ、リハビリと体を動かせ、ってのも無理なんでしょうね。
なにせ介護士さんは若い方、どこまで動かせたら良し、と思ってるのやら。
  • posted by みかん 
  • URL 
  • 2015.02/13 14:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ホントに書類多いです
家も2人分ありましたから
2通づつあり
(2人同じ所に通っていた)
(爺様さみしがり?臆病?で婆様居ない所一人で行けない)
4年経ちましたので、主人の許可を得て思い出?の物以外処分しています
まだまだ宝物はいっぱいです
鑑定してもらうものは残念ありません。
今朝のあさいち。まっさんの続きで、認知の事と知らずに観ました
どうでしょうか?私はまだ自分の親を介護していないのでわかりませんが、他人の方が扱いやすいのでしょうか?
86才と82才なので、遠い先ではありません。
すぐそこです。順番ついてます(笑)(汗)
  • posted by 農家の嫁 
  • URL 
  • 2015.02/13 19:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

>みかんさま 

ああ〜、ついに100歳におなり遊ばしましたか。
多分、その佳き日はみかんさん達ご夫婦の苦労の賜物なんでしょうけれど、何と言いますか、お…お…お疲れさまです〜。
ここまで来た以上、もうちょっと(ちょっとなのかいな)、最後の扉が開く日まで頑張って下さい。

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2015.02/14 22:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

>農家の嫁さま 

二人って、単に倍になるだけじゃなく、時々二乗になりますね。
アサイチはゆっくり見たかったのに、あの日は訪看と往診と訪問歯科の日で、施設での体重測定数値報告とか、処方薬リストとか、支払い用現金かき集め(笑)とかでバタバタして、細切れでしか見られませんでした。
実親と義親、遠慮の無い衝突は実、冷戦の根深さは義でしょうか。
どちらも介護となったら大変でしょうけれどね。
ワタシ、実母が要介護になったら間違いなく怒鳴り合い、罵り合いの毎日です(断言)(つか、舅姑に実母、亭主って4人も看るの嫌じゃ)。

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2015.02/14 22:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

さすがです すごいです
私 母関係書類は引き出し決めて
すべて放り込んでました(そこ捜せばある的な)
ひとつ 満杯になって 二つ目半杯でthe end(苦笑)
ファイル化なんて とてもとても (;´Д`)× 

でも 地図は( ^^)人(^^ )
引越したばかりで 西も東も分からないまま
地図片手に 循環バスと徒歩 で回りましたよ
ディサービス施設 帰りのバスを1時間以上待ったりしながら…

役所の包括センターや電話で当たって
一番近いトコで決めちゃえばいいものを
やっぱり 直接見なきゃ 建物の日当たりとか
参加者の雰囲気とかは分からん とか思ってね
毎日毎日 7箇所くらい行ったかな

こうやって 目をつぶっててもすむのに
自分で余分な仕事を増やすところ
勝手に ( ^^)人(^^ ) 同類感 感じちゃってます(笑)

 
  • posted by TOMAMA 
  • URL 
  • 2015.02/16 15:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

>TOMAMAさま 

空いてる引き出しが無かったんですよ〜。
あと、ファイルの方が持ち運びに便利で、前任ケアマネと玄関先で打ち合わせしたり、訪看と和室で相談するのに重宝だったというだけです。
特養申請はとにかく直接出向いて書類提出しなきゃならなかったのと、仰る通り建物の作りとか担当者の応対とかも見ておきたかったですね。
当方の自治体は23区内でも面積広くて、自宅から遠い区域に施設が集中してましたので、1日2~3箇所、5日間くらいかけて回りました。
でも、何箇所も申請するより1~2施設に絞った方がいいんですよって言われたこともありました。
(だって、入れてくれそうなら何処だって構わなかったしさ)
(出来れば自宅至近の施設が良かったけれど、人気が高いところなので、当分空きそうもなかったから)
(入所が見込めそうなところは外せなかったです)

ホントにね…なんであんなに頑張っちゃったんだろう。
それ、ワタシの仕事じゃないですから、施設は実の子供さんで探してくださいって言っちゃえばよかったのにな〜。
(でも、あの人たちは困る、困ったと言ってるだけで絶対動かない)

コメントありがとうございました。
  • posted by POTE 
  • URL 
  • 2015.02/16 22:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

ブロとも申請フォーム

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

右サイドメニュー

QRコード

QRコード