おぢゃっこ日記帳 byおぢゃっこ倶楽部さま 
「介護現場のデフレ」→

大変興味深い、共感できる記事です。

ご本人様の了解を得ましたので、特にワタクシ的にツボりました、介護業界におけるデフレ構造解説の一部を抜粋させていただきます。


「人が集まらない」
    ↓
「力量がなくても採用する」
    ↓
「力量のある人に仕事が集中する」
    ↓
「力量のある人ほど消耗する」
    ↓
「力量のある人がリタイアする」
    ↓
「介護の質が低下する」
    ↓
「仕事としての価値が下がる」
    ↓
「介護報酬がさらに減らされる」
    ↓
「経営が行き詰る」
    ↓
「給料が減る」
    ↓
「ますます人員確保できない」(初めに戻る)



介護施設運営者としての視点からの危機感満載ですが、極めて率直な現状認識であり、
これ、まんま在宅介護にも言えることでして、

「身内が誰もやりたがらない」
    ↓
「経験も知識もないけど、一人に白羽の矢が立つ」
    ↓
「手探りで必死になっているうち慣れてきてスキルが上がると、安心して誰も手伝いに来なくなる」
    ↓
「休みが欲しいと言い出せず、連続勤務状態が続き、真面目で一生懸命な人ほど一人で責任を負って消耗する」
    ↓
「スキルも経験も積んだけれど、充分な休養をもらえない人が一極集中の負担で健康を害し倒れる
(最悪、更なる要介護者増加)」
    
「主介護者離脱で介護以前に家庭崩壊」
    ↓
「他の身内に白羽の矢が立つ」又は「施設入所(但し待機期間あり その間押し付け合い又はたらい回し)」
    
「身内全員が疲弊」又は「身内全員が出費負担 払え払わないでまた揉める」
    ↓
「虚をついて要介護者逝去」
    ↓
「今度は相続で何年も揉めに揉めた挙句 絶縁」

    ↓
「その醜い争いと介護の壮絶さだけを見て育った次の世代が誰も介護をやりたがらない」

初めに戻る



わー、怖いですねー怖いですねー。

国は外国人介護士導入で人材不足を補うつもりらしいですが、どうなりますことやら。
とても安心して年金に支えられ隠居生活満喫出来るとは信じられません。

そんな悠々自適の老後なんか夢見ちゃいけないっていうのなら、我々は何を楽しみに日々の勤労に勤しんでいるんでしょうか。

少しでも利口に立ち回ろうと思ったら、断固介護には関わらない方が身の為で、後は相続の時に実子は平等の権利を主張すれば、あとは法律が味方してくれますもんねー。

外から来たヨメ或いは自分がやるって言った兄弟がいればその人に全部おっかぶせてしまえばいいし、幾ら血を分けた親だからって尻の世話なんかしたくないですもん。

そんなのはできる人間がやりゃあいいんですよ。

…て、それ一体誰のことだよ(怒)…


そうそう、だって、アタシ飲み会やサークルや習い事、試合、ボランティア、信仰集会、町会役員、パート、正社員として忙しいんだから。

でも、相続ではヨメは他人で無関係だから、後のことは
兄弟で仲良く公平に等分するだけだからそのつもりでね。

え?何?何かアタシ可笑しいこと言ってる?

だって、夫の親は自分の親なんだから、舅(姑)の面倒見るのはヨメなら当然でしょ。

又は 
だって、長子(末子、中子)として散々親に可愛がられてきたんだから、親孝行して当然よ。
又は 
だって、アンタはずっと親元離れてたんだから、今からでも孝行しなさいよ。させてあげるから。それが神様のお導きなのよ。良かったわねえ。きっとご褒美があるわよ。

別に欲掻いてる訳じゃないわよ、変な言いがかりつけないで頂戴。
アタシは自分の気持ちに正直に行動して、国の法律に従っているだけよ。
子供にもお金がかかるし、たまにも家族で旅行も行きたいし、アタシも苦労してきた分、残りの人生少しは自由に楽しみたいだけよ。


なんて、な〜(もー突っ込みどころ多すぎでタイヘン 大笑)。

どのような時代、国、職種、立場におきましても、
生きるということは常に困難を伴うものですが、
ふと時折、自分は何の為に、何と戦って、何処へ行こうとしているのか、堪らなく不安になることがあります。

そういう時に、お綺麗に着飾った害野さま方の能天気で無邪気な高笑いが聞こえてきたりするとですねー。

面白くないんだな、これが(笑)。

分かっているんですよ。
自分が選択したことだって。
今になって四の五の言うのは正しくないんだって。

損得だけじゃなく、人として、出来るだけのことをしようと誠実に思った。
それが唯一の理由なんだから。

遠くの海の家での楽しげな宴会なんか羨ましげに眺めてる暇があったら、
次々と足元に押し寄せる荒波に意識を集中して真剣に飛び越えていかないと、あっさり足元すくわれて、引きずり込まれてエラいことになるんだって。

だから、色々思うことはありますが、予想外の方向から押し寄せる波を今日も掛け声かけながら、不格好に飛び越えています。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
POTE
Posted byPOTE

Comments 8

There are no comments yet.
おぢゃっこ倶楽部  
怖すぎます

在宅介護バージョン、拝見いたしました。

怖い、怖すぎるv-12

ものすごくヘビー過ぎてぐうの音も出ません…

2015/02/03 (Tue) 18:49 | EDIT | REPLY |   
miu  

ホントにね・・・
母の葬儀の際、いとこが能天気にも
「これから夫婦でのんびり過ごせば?」な~んて、
事情を知らず、慰めのつもりでしょうが、
言ってくれた言葉にカチンときて、
思わず真実を告げてしまいましたよ(苦笑)

こちとら休みないリレー介護で、
母の時は遺産相続こそ揉めなかったけど
次回は絶対継子と揉めそうな予感・・・

莫大な養育費と学費出してんのに、
もう貯金なんて残ってないもんね~(苦笑)
(家売らなきゃいけないかな?)

2015/02/03 (Tue) 19:32 | EDIT | REPLY |   
じーじょ  
その通りすぎて

怖いですね
何もせず、法的な割合を貰う方が楽
そこまで放置して平気な人間がうらやましいですね
介護職のマスターさんには高給あげて欲しいです。

2015/02/04 (Wed) 12:56 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>おぢゃっこ倶楽部さま

職場としての「介護」はまだ「志」を持つ人が居られそうですが、在宅に至っては残念ながらくじ引きで負けて押し付けられた人の恨みつらみだけが渦巻いてるような有様です。
最初は愛情を持って始めた人でも、重度障害や認知症相手だったりすると早くて3日、保ってひと月。
周囲が気がついた時には介護者が「壊れ」てるか、虐待が日常化してるか、どっちかです。
(危うく道を踏み外しそうになった経験あり 汗)
そうじゃない場合も勿論ありますが、救援ピッチャ−がいない、愚痴を溢せる相手がいない、真面目で一生懸命な介護者は残念ながらかなりの確率で大変痛ましい状況になってしまわれます。
職場は辞表がありますが、家庭の場合、「親を見捨てた」偏見と罪悪感が今も根強く残っているのも問題なのだと思います。
老後のトレンドは施設に入って、慎ましいけれど安心安泰な日々〜♪みたいな流行になればいいんですけどね。

コメントありがとうございました。

2015/02/04 (Wed) 13:36 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>miuさま

実情を知らない人に事細かに説明してもな〜って思いますけど、
年寄りがいなくなったから、これですっきり肩の荷が下りたでしょ?の発言は善意とはいえ、やはり外野ならではの想像力の限界。
ドロドロはその後に待ってますからねー。
介護の苦労どころじゃありませんからねー。
わー、やだー。怖ーい。

コメントありがとうございました。

2015/02/04 (Wed) 13:40 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>じーじょさま

本来、平等な相続の前には、公平な責務執行がある筈なんですが、
「アタシ、親のおむつなんか替えられません。だって臭いのダメだから。あら、◯◯さん、出来るの?凄いねー、どこで勉強したの?独学?そうなんだー、偉いねー。尊敬しちゃう。じゃ、あとよろしくー」
って輩が、相続の時だけしれっと出てきて、自分の取り分堂々と主張するんですよ。
でも、法律に則った「当然」の権利だって信じて疑わないんですよ。
親の世話してた人への感謝はどこ行っちゃうのかなー。
あ、最初から無いのか(笑)

コメントありがとうございました。

2015/02/04 (Wed) 13:51 | EDIT | REPLY |   
りっちもん  
同感

右に同じって感じで、読んでる方もスッキリしました。
自分の親の面倒を看なく、ウ〇チの世話等を長男の嫁にさせ、一年のうちに二、三度しか親の顔を見に来てなく、平気でいる息子(次男)の気が知れません。お正月にはお節料理を家族皆で食べに来てから、一度も顔を出していません。親が心配じゃないのか、長男夫婦に任せていても、ご苦労さんやねの一言ぐらいあってもいいのにと思います。本当は口出ししたら悪いかなと思っているのか。。
私は人間として面倒を看ているだけ、逃げ出す事も出来ないしね。
でも兄弟同士でも、親の状態きけないのかな?
本当に 介護って限りがないです。

2015/02/07 (Sat) 02:11 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>りっちもんさま

え…えーと、初めまして…か、お久しぶりか、失念しました。
すみません。
介護者側からの不満を上げるとキリがないですね。
でも多分、最近流行りのセカオワ風に言えば、他の兄弟にもその人なりの正義も怒りも立場も事情も理由もあるのかな〜と思ったりもするのですが。
(ただ、黙っていい顔してると、益々信頼という名の丸投げ増長が〜笑)
投げ出せない以上、拙ブログのような怪しい穴蔵で言いたい放題言い合って、ガス抜きして、最後まで走り抜くしかないですね。

コメントありがとうございました。

2015/02/07 (Sat) 10:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply