WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP婆様 ≫ 記事変更しました

記事変更しました

「現実を見据える」ですが、
読み返してたら、黒要素満載毒毒内容なので、
自重して勝手ながら限定公開に急遽変更。

パスワードについては、ググって(グーグル検索して いや、グーグル以外Yahooでもexciteでも何でもいいけど)解明して、頑張ってクリアしてください。




当たり障りのない辺りを再録


さっき発見。↓(1/28 18:00現在)

これ、仏壇の経机、御鈴とかロウソクとか線香立てとかの仏具の下に敷いてあったビニール製のテーブルクロスなんですけど、

熔 け て ま す 。
Σ( ̄ロ ̄lll)

IMG_1738_convert_20150128192456.jpg
位置関係から察するに、

線香立てに真っ直ぐ立てた筈の線香(着火済み 怖)が、
立て方が浅かったか、斜めってたか、何かの拍子に倒れ、
そのまま線香立ての器の外に転がり落ち、
テーブルクロスをじわじわ熔かして燃え尽きたと。
(火事にならんでホンに良かったっすε-(;ーωーA フゥ…)

燃えた長さから見て、結構早い段階で倒れたみたいだから、或いは読経の最中に倒れた可能性もあるけれど、当人は全く気付いていない。

焦げたテーブルクロス外して見せても、自分がやったとは思っていないような口ぶりだった。
(お友達がイチゴと和菓子持ってお見舞いに来て下さった際、仏壇にお経もあげて下さったので)
(そのお友達のせいだと思ってるみたいなんだけど)
(あの方はいつもお線香を半分に折って短くして立てて下さる方なので、こんな長い線香立てたりしない)



大体、ワタシが気がついたのが今夜で、それまで異常なかったんですから、

怪しいのは今夜読経した人です。


当該人物は約1名。

ワタシも、ロウソクに火つけて、婆様が線香に火つけるとこまでは張り付いてんですけど、
線香立てに線香立てて、読経が始まると、婆様の夕食準備にキッチンに戻ってたもんですから。

もう、線香の取扱いすら本人に任せておけないと反省。
(ノ_-;)ハア…





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

危険
編集
大事にならなくて良かったですね。

我が家も父親が同じことを何度もやってくれまして
それ以来、電子ろうそくに電子線香に変えました。
文句は言わせませんでした。
今でも仏壇の周りは焦がした跡だらけですよ。
最初はライターと蝋燭を隠したのですが、なんとストーブから
火を取って茶の間の絨毯に点々と焦げ跡を残しました。
早めに安全策を取った方が良いようですよ。
2015年01月29日(Thu) 10:59
>みかんさま
編集
電子線香もあるんですね。
じじ様逝去の時に随分色々な方からお線香頂いたので、毎日ばば様が読経しても、まだ詰め合わせ一箱丸々ありますので、全部使い切った暁には是非電子線香導入を。
ろうそくの火じゃないとダメだとか、お線香の煙は仏様のご飯だとか寝言言ってますが、火元管理責任者としてはこれ以上の被害は断固阻止したい所存です。

コメントありがとうございました。
2015年01月29日(Thu) 21:08
はじめまして
編集
はじめてコメントさせていただきます。
実はいつも興味深く拝読していました。

うちの舅(92歳)も火の始末に不安な状態なんです。

二年前この家に入居早々仏壇神棚周辺の畳に焼け焦げ作ってくれました。
その数どんどん増えるばかり。
タバコもいまだに吸うのですがライターはやはり使わずその都度マッチを擦って火をつけてます。
コタツ布団の焼け焦げも去年よりも増えています。
舅が座る付近にはコタツ布団の上にカバーがわりに大きなバスタオルをかけているのですがそれにもやはり焼け焦げが。

火の始末がきちんとできないなら火を触ってほしくないのです
大きな火事になってからじゃぁ遅いもの。
どうしたものか。。。
2015年01月30日(Fri) 02:19
>atumiさま
編集
はじめまして POTEと申します。
タバコにマッチですか。失火の危険性大ですね。
お舅様だとなかなかはっきり言えないこともおありだと思います。
健康のためにはタバコはやめたほうがいいですが、数少ない長年の楽しみを取り上げるのも気が進みませんし(笑)。
防炎スプレーというのもあるようで、ワタシもまだ検討中ですが、通販で1,000~3,000円位で買えるみたいです。
スプレーするとちょっとごわごわした手触りになるので、肌触りのいいものや高級品には使いにくいようですが、タバコを吸う定位置周りにスプレーしておくとか…
90年の人生が全身火傷で終わるのも気の毒ですし、まかり間違って家丸焼けにでもされたら、それこそ取り返しがつきません。

超高齢者との同居は色々ご苦労もおありだと思います。
一つ一つは些細なことでも、積み重なってくると脳内殺人(大笑)でもしていないとこちらが保ちません。
無理せず、油断せず、死なない程度に放置して(笑)、ご自分を労ってください。

コメントありがとうございました。
2015年01月30日(Fri) 09:50
編集
恥ずかしながら私は、
家が焼けることを一番に心配したのですが
そうですよね、POTEさんの仰る通り
家が焼ける前に爺さま婆さまが「全身火傷」になる可能性があるんですよね。
思いもしなかった。。(恥)

ここ数日私が留守をしている間に
こたつ付近の焼け焦げがまた増えてました。

電子線香に電子ろうそく、防炎スプレー、いろいろ探してみたいと思います。
教えてくださりありがとうございました。
2015年02月02日(Mon) 23:56
>atumiさま
編集
いえいえ、老い先短い(失礼)人より、最も大きな財産である家の心配をするのは当然です。
火の取り扱いは一つ間違えば大惨事ですから、うま〜くなし崩し的〜に取り上げられるよう切に祈ります。

コメントありがとうございました。
2015年02月04日(Wed) 13:23












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL