WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ yosemite混迷・後編

yosemite混迷・後編

格闘虚しく、ワタシがyosemiteMacのメール接続に断念したのが、12/22(月)。

そんなこととは夢にも思わず、
(完全在宅環境になってからは、することなくても有事に備え家を空けられない拘束の身の介護者ゆえ)
(日がなネットで時間を潰すしかなかった功罪で)
(ネット関係やタイピングに関しては実はじゃっくさんよりワタシの方が上)
(微々たるもんだけど)

帰宅したじゃっくさんに晴れ晴れと「もうネット出来るー?」と尋ねられ、


「出来ねーよ!」
(´Д⊂ モウダメポ



かくかくしかじかで、3時間近く奮闘するもどうしても手順通りの画面にならず、

結果、接続出来なかった旨を伝えると、

じゃっく「お前が出来ないんじゃ、俺なんかもっと出来ないよ。それじゃあ、サポートデスクに電話するしかないかー (´・ω・`)ガッカリ…」

サポートデスクねえ…

オペレーターさんにもよるんだろうけど、たまに塩対応っつーか、結構な態度のオペレーターに当たったりするんであんまり良い印象が無いんだよなー。

とはいえ、素人の手にあまる事態である以上、どうしようもなく、

翌12/23(祝・水)、折角の休みに、じゃっくさんはメール接続プロバイダサポートにtel。


よく100回コールしても繋がんないとか、
日本語に不自由な国籍のオペレーターだったので、まずは会話に苦労したとか、
こちらを嗤うオペレーター同士のひそひそ話が丸聞こえで不愉快極まりなかったとか、聞きますが、

休日の割に、コールしてすぐにオペレーター 曽根戸ゆき(仮名)さんが対応してくださり、

1時間ばかり、昨日ワタシが繰り返した接続手順を繰り返すも、

前日は受信が出来て送信が出来なかったのに、今朝は反対で受信が出来ず送信は可能。

しかも、やはり途中からパスワードを入れろとメッセージが出て、1種類しかないメールパスワードを入力するもエラーとなり、その先に進めず。

曽根戸さん(仮名)も色々電話越しに頑張ってくださったけれど、接続プロバイダ側としてはお手上げ状態で、

Macのサポートに問い合わせた方がいいかもしれない ということになる。


引き続き、今度はMacのサポートに電話し、対応してくれたオペレーター林檎君(仮名)に事情を説明し、
(それにしても最近のサポートダイヤルってこんなにすぐ繋がるもんなのねー)
(昔、根比べみたいにコールし続けて、オペレーターが出るまで30分かかったことあったぞ)
(しかもあの時はまるで役に立たないサポートだった)

今度は、オペレーターのPCとうちのPCをネット上で接続し、

遠隔接続のチャット状態で直接指示されながら接続を試みることに。

共通の画面を見ているオペレーター林檎君(仮名)が指し示す赤い矢印に従い、モニター画面内の空欄に、

先ほど接続プロバイダの曽根戸さん(仮名)が電話で指示してくれた内容をもう一度入力。

しかし、やはりメールボックスは送信出来ても受信出来ない状態のままで、

林檎君(仮名)もあれこれ誘導してくれたのに、どうしてもエラーが修正できない。


で、ついに、

林檎君(仮名 彼も曽根戸さん同様、大変親切で、一生懸命やってくれました)
「すみません、上級スタッフに引き継ぎさせていただいてよろしいでしょうか」

一旦、電話を切り、

じゃっく「上級に代わるって」
POTE「上級?上級って何?」
じゃっく「だからもっと高レベルの技術者の対応になるらしい」

…そんな難解な案件なのかー?
ただのネット接続なのにー?
( ̄□ ̄;)


数分後、折り返し別の女性オペレーターから、林檎君(仮名)の段階で解決しなかったお詫びと、これから上級テクニカルサポートに繋ぐ旨が告げられ、

「お待たせいたしました。上級の錦織(仮名)と申します」
(声の感じだと3~40代くらいみたいだったけど)


で、改めて錦織氏(仮名)のPCと遠隔接続を行い、

先ほどの林檎君同様、赤い矢印に誘導されつつ、今日何度目かの接続入力をもう一度行い、

メールボックスの送信可・受信不可を確認し、

悪夢のようにMacがまたもパスワードを要求してきて、

入力してもエラーとなり、
(ここまでは錦織氏が現状確認する為、敢えて繰り返した)


そこから、

錦織氏(仮名)の冷静な誘導で、怒涛のバグ除去作業が繰り返され、

(何か、ショートカットキーでフォルダ一覧出して)
(その中からメールフォルダを取り出して)
(接続画面に戻って の繰り返し)
(詳細は誘導されるがままだったので、もーよーわからん)

そのうち、パスワードが有効になり、

メールボックスの送受信マークが点灯。

サーバに溜まっていた90近いメールが一気に受信ボックスに流れ込み、


見事、メール接続。



錦織氏(仮名)「繋がりましたね(ちょっとドヤ声 笑)これで、ご心配なくメールをお使い頂けると思います。長い時間お疲れ様でした」



ありがとうございましたーーー!
m(;∇;)mm(;∇;)m



その後、極度の緊張と忍耐に晒されていたワタシたち夫婦が一日使い物にならなかったのは言うまでもない…
(いや、じゃっくさん、本当によく頑張りました。お疲れさまです)
(でも、メアドとか長い入力は二人羽織のようにワタシが横からタイプしてましたんで)
(ワタシも肩バリバリ)





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

良かった,良かった
編集
肩バリバリでも開通は良かったですね。

それにしてもMAcをお使いとはプロですね。
私なんか50代で始めたもんで
ちんぷんかんぷんですわ。

ただ隣にPCのプロみたいな旦那さんがいるので
とにかく面倒なものはすべて解決してくれるから
難しいものはシラン振り~~

じゃなきゃやってられません。
会社と家のコミニケーションで始めたのですから。
私的には会社と連絡つかない方が好きですけど。
2014年12月26日(Fri) 09:16
おつかれさまでした
編集
かく言うワタシもPCはさっぱりぱりりんこ。
ちょっとでも不具合が生じるとうろたえます。

実家母のPCが少し前から調子が悪く
「あんたのブログが読めないし、ゲームが出来ない。
どうやって時間をつぶせばいいの~っ!」と
ややキレ気味。
POTEさんのように遠隔操作で何とかなるスキルはないので
近々見に行って来ねば。

果たしてワタシで対処出来るのでありましょうか?
シンパイだぁ。
2014年12月26日(Fri) 11:21
>みかんさま
編集
いやいや、Macを使ってるだけの素人です。
逆にMac慣れしちゃってるもんだから、Winが全然使えませんで(Macはシングルマウスなので右クリックしたことがない)、ホテルや公共の自由使用できるPCが扱えないという体たらく。

それでも、生活の中では切っても切れない最愛の執事?くんです(笑)。

コメントありがとうございました。
2014年12月26日(Fri) 20:47
No title
編集
パソコン買って3年になりますが、全くわかりません
お陰様でお友達の旦那様にお願いしてます
『お願いします~。』と言えばすぐ来てくださいます
助かってます
2014年12月26日(Fri) 20:50
>山田あしゅらさま
編集
PCって「そのうち必ず壊れる」ものなので、理想は1~2年毎の買い替え推奨、5年以上経過してしまうと、アシスタントcdも受け付けずダウンロードも何もできません。それこそ静電気原因でいきなりクラッシュする場合もあります。
あまり大事に使ってるより頃合いを見て買い換えるか、バージョンアップしていったほうが良いようです。
サポートダイヤルも随分対応が良くなっていましたし、無償期間は大体90日と短いのでそれ以外はほとんど有償ですが、それでも素人が余計なバグ拡大してにっちもさっちも行かなくなるより、専門職に頼った方が早い解決かもしれません。

コメントありがとうございました。
2014年12月26日(Fri) 20:57
>農家の嫁様
編集
持つべきものはPCに明るい家族友人知人。
しかし、チケット取ったりホテル予約したり通販申し込んだり、気がつけば生活の中にコンピュータは当然のように組み込まれている現代ですから、見よう見まねでも、閲覧だけでも出来ないと色々支障がありますよね。

コメントありがとうございました。
2014年12月26日(Fri) 21:56












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL