WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ 冬の台風

冬の台風

北国在住は命が惜しかったら外に出るなと言わんばかりのアナウンスが一日中繰り返されてました。
皆様のお住まいはご無事でしたでしょうか。



今夜の「相棒」。ご覧になりましたか?

介護に絡んだストーリーでしたが、

…ふーん…

拙ブログでも散々既出だけど、

先の見えない介護、

飛ぶように消えていく生活費、

制度の不備、

要介護者の悲哀、悲しくも愚かで愛に溢れた親心、介護者の孤立、苦悩、四面楚歌の苦境が唆す心の闇等々が描かれ、上手にまとめられていましたが、


ま、所詮フィクションだからなーとひねくれ者らしく(笑)斜に構え、

そのまま「ニュースステーション」へと続き、

冒頭から爆弾低気圧による根室の高潮被害、

ホワイトアウト状態、

高齢者自らによる雪下ろし、

一面雪景色の鳥取砂丘、

雪の重みで倒壊した倉庫で作業中の高齢女性が死亡、

コンビニ前を除雪中の除雪車に引かれた高齢女性が死亡、

が伝えられ、

送迎に回るデイサービス送迎車が車高より高い雪の壁(これで除雪済み)を縫うように利用者宅に向かい、

車椅子出して独居の高齢女性を迎えに行き、

車椅子を押す係り、前から引く係り、車椅子が少しでも通りやすいように、更にスコップで雪を退かす係りのスタッフの奮闘する姿に、

ばば様の帰宅時間に合わせ、ぜいぜい言いながら雪をどかしてる自分とオーバーラップしちゃって、
(寒いのに汗だくになるし)
(鼻水は出るし)
(腰は痛いし)
(腕はビンビンに張ってくるし)


夫婦揃って爆涙。
(TДT)(TДT)

(…って、なんでじゃっくさんまで泣いてんだ?)


ホントにホントにホントに

お疲れ様です。

ありがとうございます。

頭が下がります。


雪が積もった上を車椅子で押すなんて、

砂利か砂地か高級絨毯か、これ一体何の罠?っつーくらい大変なんだから。

でも、デイに行かないとそのお婆ちゃんはお風呂に入れない。

一人では危ないから絶対入っちゃダメだって言われてるって。

利用者のお婆ちゃん「ごめんなさいねえ、お休みしようかとも思ったんだけどねえ」
送迎スタッフ「温かいお風呂に入りに来てください」

。・゚゚・o(iДi)o・゚゚・。うぇぇん


やはりフィクション(ドラマ)は現実にかなわない。
わかりきったことだけど。


介護報酬は9年ぶりに減額されるそうですが、

親切そうにすり寄って、その実、高齢者を喰い物にしてる、欲の皮の突っ張った劣悪業者の淘汰は急務ですし、

国益を考えれば、これからの未来を担う少子化対策や女性の社会進出の方がずっと大事かもしれませんが、


しかし、


高齢者が生活苦に喘ぎ、人生の黄昏を絶望と失意と惨めさと飢えと寒さだけで迎えることなく、

介護現場の人たちが愛と希望と誇りをもって、お仕事に従事出来、

また充分その働きに報いるような国でありますよう心より願っております。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

先ほど1時間遅れで
編集
13番さんたちデイの送迎車に乗って
出かけて行きました。

としお氏は通常の2倍の時間を費やし職場に到着。
一郎は非番だったにもかかわらず緊急出勤を余儀なくされ
時季外れの大雪は当地にも大きな影響を及ぼしています。
夕方、溶けた雪が凍らないと良いのですが。

昨日の『相棒』ついつい見入っちゃいました。
右京さんとカイトくんがヘルパー代行で
丘みつ子ばばの家に入った瞬間
「うっ」と鼻をつまんだらよりリアリティーが・・・なんて
ツッコミを入れたりしながら。

「やらない者には分からないんだよっ」という
息子のセリフには全国の同胞のうなずきが聞こえてくるようで。

支える側の苦悩や
支えられる側の憤りが
1時間の枠の中で表現出来るとは思えませんが
人気ドラマの中でもこういったテーマが扱われるようになったところをみると
危機感を感じる人がそれだけ増えてきたってことでしょうかね。

ない袖が振れない行政だけ
気がつかないフリを決め込もうとしてるようですねぇ・・・。
2014年12月18日(Thu) 11:33
No title
編集
いやん~そんな内容だったのね?
見ればよかったわ~!

そんなこととは露知らず・・・
なぜかナイナイお見合い種子島編を見てしまった私・・・

数年前、SMAP草なぎクンの任侠ヘルパーを見て
毎週胸を痛め、涙していたのを思い出しました

海地方は雪こそ降らねど塩害バリバリ
台風並みの弾丸低気圧とはよく言ったもので
同じような塩攻撃を受け、本日はあちこち丸洗い
(家も車もフェンスも・・・)
山のような洗濯物をようやく外に干しました

明日は某御仁初の認定調査です
果たして介護度獲得できますかどうか?
こちら地方でも、軒並み介護度ダウンの方が
続出と聞き、戦々恐々です

2014年12月18日(Thu) 17:06
>山田あしゅらさま
編集
とりあえずデイがお休みにならず良かったです。

ドラマや情報番組、週刊誌等でも介護問題が取り上げられるようになっては来ましたが、本質部分はまだまだ対岸の火。

「たいへ〜ん」「えらいよね〜」「かんがえられな〜い」
ふっふっふっ…当事者になったら、そんな浅はかなセリフは出てこないよね(黒笑)

役所は…いつの時代も腰が重いから。

コメントありがとうございました。
2014年12月19日(Fri) 08:47
>miuさま
編集
塩害というのもあるんですね。
お疲れ様です。

任侠ヘルパー放送時はワタシ的にMAX期で、メディアにも社会情勢にも殆ど無関心で、残念ながら視聴しておりません。
(汗)(あ、でも映画は観に行きました ツヨポン良かったです)

認定調査、上首尾?にいきますよう祈願しております。

コメントありがとうございました。
2014年12月19日(Fri) 08:54












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL