WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ 「逆境は嫌いじゃない」

「逆境は嫌いじゃない」

羽生結弦選手 グランプリファイナル2連覇おめでとうございます。

もーおばさん脱帽。

中国大会での衝突事故では、強行出場の途中とか演技終了直後に意識不明になってそのまま取り返しのつかない事態になったらどうしようと怖くてたまらなかったと白状します。

「逆境は嫌いじゃない」

それは第一線のアスリートとしての心意気を表す言葉だと思いますが、

あれだけの怪我をして、
準備時間も充分ではなく、
オリンピックイヤーでもないなら棄権したっていいじゃないかという喧しい雑音をものともせず、

これだけの結果を出せるというのは

本当に凄いことだと思います。
(他人に辛く自分に甘く言い訳三昧の自分を猛省しました)


出来れば町田選手とのワンツー表彰台も見たかったけど、

そちらは全日本選手権に期待します。


女子の本郷さんもお疲れ様。頑張りました。
リプは…ショートで相当気合入ってただけに悔しいだろうな〜。
ロシア女子勢は今後盤石の時代が続きそうだけど、国内での代表選が壮絶になりそうな予感。
(負傷欠場のソトニコワいつ出てくるんだ?)
(ジュニアにもラジオノワ級がザクザク控えてるけど)
(金メダリストにケチがつかないようにこのまま引退とか?)





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

凄かったわね~
編集
選挙で放送がつまらないときに、なんて素敵なスケートを
見せてくれたんでしょうね。

おばちゃんは結弦ちゃんに釘付けでした。
きれいで優雅でそれでも力強いスケート。
なんて凄い20才なんでしょ

これからしばらくは彼の天下であって欲しいわ。
2014年12月15日(Mon) 12:57
No title
編集
羽生くんの快挙は、きっとPOTEさんが記事にしてくださるだろうと(笑)

ショートで、すごくのびのび演技している姿を見てホッとしたけど、
いつもショートがいいと、フリーが・・・なのでどうかと思いきや
最初の4回転がスパッと決まって、あぁ大丈夫と安心して見てました。

いつも次男を彷彿させる羽生くん
今回も、わが息子を思い出しながら見てました(笑)

絶望から這い上がってきた彼の強さ
私も見習わなければいけないと、強く心に刻みました

彼が愛される理由
・言い訳をしない
・逃げない
・周囲への気遣い
・謙虚で真摯な姿勢

当たり前だけど、なかなかできないことばかり・・・
おばちゃん恥ずかしいわぃ
2014年12月15日(Mon) 15:47
>みかんさま
編集
何もなければ当分世界最強王者でしょうね。
お願いだから怪我しないで、尚且つ浅田真央のように大人の算盤勘定に邪魔されず、アスリートとしてこのまままさらに高みを目指して欲しいです。

コメントありがとうございました。
2014年12月16日(Tue) 11:50
>miuさま
編集
本番のように練習し、練習のように本番に臨む。
どれだけ才能があっても、それが出来ず、オリンピックや世界大会の表彰台にすら登れず引退していく選手がどれだけ居ることでしょう。
運も実力のうち なのかとも思いますが、やはり、その運を力づくで引き寄せる「強さ」の有る無しが勝敗を分けるのかもしれません。

当たり前のこと…いや〜ん、耳が痛いー。胸も痛いー。腰も痛ーい(あ、最後のは違うか 笑)

コメントありがとうございました。
2014年12月16日(Tue) 11:54












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL