2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

昨日、国賓がご持参あそばした、ばば様へのプレゼント。
IMG_1651_convert_20141212201420.jpg
自分だけのかわいいペットが欲しい!!
ペットを飼いたいけれど飼えない!
~そんなすべての方へ~
まるで本当に生きているみたいな猫です。

頭やほっぺ、おなか、背中などを
なでてあげると喜びます!
夢ねこセレブをかわいがってあげましょう!

 夢ねこ セレブ


色々触ると、喜んだりおねむになったりするんですけど、
IMG_1652_convert_20141212201453.jpg
動作の度にモーター音がするんで、
ものまねタレントコロッケちゃんの五木ひろしロボットバージョンを思い出す。

本物そっくりの 夢ひよこ もあるそうで、

メーカーHP見ると、そっちの方がまだ良かったんじゃないかと…
(とりあえずまだ箱に入ってます)
(出来ればこーゆー長毛種より短毛種のずんぐり和猫系が好きなんですが)

やけに嵩張ったもん持ってきたなーと思ってたら、
ご開帳の時のばば様とワタシの顔が揃って
… (・_・ ;)… (・_・ ;)←こんな顔だった(笑 どうリアクションとればいいのか本当に戸惑った)

流石のばば様も部屋に連れて行くって言わないし。

(毎回、あの方のセンスは???だけれど)
(これ、どうよ)
(確かに餌もやらなくていいし、トイレも躾なくていいけど)
(「可愛いでしょ!うちでも1匹買ってもいいかなって思ったんだけど、娘に聞いたら「いい」って言うからさぁ」って)
(…娘さん、猫好きですから、飼うなら生きてる本物の猫の方がいいんじゃないすか)
(ノ_-;)ハア…




ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

【今更?】
ペットを飼いたい気持ちは分からないでもないけれど
国賓様は面倒になったら放り出しそうですね。
ついでに誰かにお世話を頼みそうだし
決して、決して、おすすめは出来ない人格でしょうね。

我が家には犬一匹、ネコ2匹いますがそれなりに
お世話は大変です。まして旅行などに出かける場合は
必ず動物病院へ預けます。
そこまでちゃんとやりそうにない国賓様は無理という物ですね。
【>みかんさま】
いちおーペット禁止のマンションらしいので、子供達が小さい頃はせがまれてハムスター飼ってたこともあるようですが、あれ寿命短いんですよね。1~2年でしたっけ。

大体、あの人が買ってきたケーキを冷蔵庫に入れて、3時に皿とフォークをセットしてお茶と一緒に和室に持っていくのはワタシですよ。(しかも、うち今3人なのに3個買ってくる 普通多めに買ってきません? 誰の分端折ってんだ?)
サイズの合わない部屋着ズボン買ってきて、ゴム足したり、裾上げたりするのはワタシですよ。
使い勝手の悪いリハビリグッズ次から次へと買ってきて、置き場所や廃棄分別に悩むのはワタシですよ。
婆様が入院した際、バイト先からお見舞いにと立派なシクラメンの花鉢頂いたのに、写メだけ見せて現物は自宅に飾って、ついに持ってこなかった人ですよ。
ワタシが台所管理してんのに、ワタシに確認もせず食器用とシンク用のスポンジごっちゃに使ってる人ですよ。

いちいち揚げ足取りするのもどうかと思いますが、なーんか、一人よがりの親切が眼に余る方です。
下手すると心を病んだ人よりも、後ろに妙な団体が付いてる分だけ手強いラスボスかも。

コメントありがとうございました。
【No title】
ばばさまの 現状や気持ち に対するおもんぱかりのズレ加減が
一目で分かる スゴイプレゼントですね(苦笑)

悪い人じゃない とおっしゃいますが
これなら いっそ悪い人の方が楽なような…

気をつけてくださいね 昔のように仏壇打っ棄る事はなくても
葬儀手伝いに来て 香典かっさらう御寄付頂く
例は聞いた事ありますよ
【>TOMAMAさま】
あの方が宗教にはまったのは4年前、ちょうどじじ様が入院し在宅介護が本格的にスタート、翌年ばば様まで倒れダブル介護の火蓋が切って落とされた頃なんですよ。
何かしなきゃって思われたんでしょうね。
おむつ交換とかは出来ないから、せめてそれ以外の、何か自分にできることをって思ってた矢先に、親切に優しくすり寄ってきた宗教にカモネギでとっつかまったって感じかと。

「出来ない」じゃなくてやるんだよっ!
泊まる部屋がなけりゃビジネスホテルでもどこでも泊まれよっ!
「枕変わると眠れない」とかぬるいこと言ってんじゃないよっ!
「何か自分にできること」って、いっちゃん楽できれいな方に逃げんなよっ!
…とは言いません。
言えないんじゃなくて意図的に言いません。

気付きも自省も自分が覚醒するもの。
苦難は自分の力で乗り越えてこそ本物。
自販機みたいにゼニ投函してご利益があるなんて、それを可笑しいとすら思えず、有り難がるなんてどうかしてますよ。
ワタシはワタシのやり方でばば様を守り、この家を守り、責任を果たすつもりでいますけど、それ以上の面倒は見るつもりはありません。
何事も自己責任。

コメントありがとうございました。
この記事へコメントする















POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30