WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)


やめられない止まらない

  1. 2009/09/25(金) 20:20:21_
  2. 爺様
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4
お彼岸ということで、今日のデイサービスではおやつ作りで、おはぎが出されたそうです。

爺様は大の甘党なので、デイサービス到着時は血圧もテンションも低かったのが、「おはぎ」と聞いて、俄然ボルテージが上がり、午後は結構ご機嫌で過ごしたらしい。

帰宅してからも、延々と、
「今日のおやつはおはぎだった」
「あんこと胡麻の二種類(この、胡麻の名称が思い出せなくて往生しました)」
「俺はあんこ好きだから、二つともあんこ食べちゃった」
「今日のおやつはおはぎだった」
上機嫌で、エンドレスリピートしてました。

夕飯の支度が出来て、テーブルについてからも、おやつの話が繰り返され、

(そろそろ来るぞ)と予想してたら、
「おはぎ二個食べて、お腹いっぱいだから、夕飯は要らない」
(ほーら来た)

おやつのおはぎだけじゃなく、帰宅して、お彼岸でご近所やら義姉上から頂いた和菓子をつまみながら、待ってましたの日本酒一杯で、茹でタコみたいに顔面は真っ赤っ赤。
(酒弱くなったな~)

お味噌汁だけ飲んで、和室に引き取るや爆睡してました。

そもそも普段から、あんことか和菓子は婆様に隠れてまで食べるけど、おひたしとかひじき、切り干し大根、卯の花、魚の煮付けは好きじゃないので、出来れば食べずにばっくれたい本音が見え見え。

60代の時、胃の摘出手術して、普通の人の1/4程度しか胃がないので、たくさん食べられないのは承知しているけれど、少量でもバランス良く穀類、野菜、肉魚摂って欲しいんですけど、

口寂しいのはダメな人なので、起きてて手持ち無沙汰になると、すぐおせんべいとかお茶菓子を口に入れちゃう。

婆様が「もうすぐ夕飯よ、そのくらいで止めないと、ご飯が食べられなくなるよ」といさめても、聞く耳持たず。

6時に仏壇にお線香と仏飯差し上げて、先に爺様が読経、次いで婆様がお経上げてると、後ろの方で、ポリポリポリ…ムシャムシャムシャ…ズズッと、何か食べて飲んでる音がしてるそうな。
( ̄∇ ̄;)

で、「ご飯ですよー」と嫁が呼ぶ頃には、もうお菓子であらかたお腹いっぱいになっている訳です。

爺様「これまで長生き出来たんだから、もう好きなものだけ食べて、早く死んじまうのが良いんだ。若い人達にこんなに迷惑かけてまで、もう俺は生きていたくないんだから」

隠れてお菓子食べる元気があるうちは、当分死なないと思いますけどね。
2009_09_25  [ 編集 ]

<<ダブルブッキング | BLOG TOP | 通称「発射台」>>

comment

お爺様かわゆい・・・

  1. 2009/09/25(金) 23:08:15 |
  2. URL |
  3. 山田あしゅら
  4. [ 編集 ]
歳を取ると子どもに返るというか
食べ物の好き嫌いも顕著に現れる傾向が…。

義母も甘党。半世紀にわたる糖尿もモノともせず。
で、やっぱり菜っ葉や青魚など嫌いな物は必ず残す。

子どもなら無理にでも直しますが
今になって嫌いな物無理に食べさせるのもな。。。
食べたいものガマンさせるのもな。。。
って、ついつい甘くなってしまういけないヨメです。

No title

  1. 2009/09/26(土) 18:39:04 |
  2. URL |
  3. 絵莉
  4. [ 編集 ]
こんにちは、POTEさん
「好きなものだけ食べて、早くしんじまう」というのも、わからないではないんですけどね。
病気で苦しんだりすることがなければ、それでいいんですけれど。
なかなか、そうは問屋が卸さないですし。
うちは、食べ物のことは大丈夫なんですが、行動がダメですね。
椎間板ヘルニアなのに、中腰しまくり。
とはいっても、覚えてないんで仕方ないですけどね~~

>山田あしゅら様

  1. 2009/09/26(土) 19:39:13 |
  2. URL |
  3. POTE
  4. [ 編集 ]
成長期の子供の偏食や、中高年のメタボ対策のように、先々のことを慮るという口実が通用しませんしね。
仕事(労働)がモノを食べさせる とは先代の婆様の言葉ですが、自室とトイレ、リビングくらいしか移動しないんだから、たいして食欲もわかないだろうとは思います。
最近の爺様の茶碗によそうご飯の分量も、食べ盛りのお子さんがおられるお宅では考えられないような、大さじ2杯程度の超軽盛りになりました。

コメント有り難うございました。

>絵莉さま

  1. 2009/09/26(土) 19:45:18 |
  2. URL |
  3. POTE
  4. [ 編集 ]
食べたいことでも、やりたいことでも、婆様や私から制止するのが気に入らないみたいです。
そんなこと言ったって、偏食が過ぎて、食事制限になったり、点滴に繋がれるようになったら、本人が一番困るだろうと思うのですが、そういうことは全然考えない。
もー知らんわ!とむかっ腹立てつつ、そうは言っても放ってもおけませんので、宥めたりすかしたりキツく言ったりして、申し訳程度の栄養管理に努めております。

コメント有り難うございました。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

QRコード

QRコード