先日、ショート入所初日にいきなり、ブレーキ棒が根元からポッキリ折れてしまった婆様の外出用車椅子(リム付き自走型)ですが、

ステイ中は施設常備の車椅子をお借りできたので、修理交換は急がず、帰宅してからで大丈夫とのことでしたので、

車椅子レンタル会社に事情を話し、5金の帰宅日に合わせて担当者に新しいブレーキ棒を持ってきて頂き、交換 という手筈にしておき、

15:15 時間通り婆様帰宅。
婆様をベッドに入れ、荷物を受け取り、清算を済ませ(ここのショートは帰宅時に送ってきた運転手さんに支払い、その場で領収証発行)、

そのあとすぐに車椅子レンタル会社のスタッフが到着。

ブレーキ棒破損の現状を確認し、持参した同型車椅子からブレーキ棒を取り外して、うちの車椅子に付け替えてくれる…ということで、

「すぐ終わります」と言われ、待ってたんです


が、








スタッフのおにーさん、車の方に戻ったっきり、帰って来ない。

…?

どうした?と思って、別の窓から外の様子を伺うと、持参した車椅子のブレーキ棒を外すのに手間取ってる様子。


で、もうしばらく待ってたんですけど、





…来ない。
(おい、大丈夫かぁ?( ̄- ̄;))

と、心配になってきたら、漸く玄関に入ってきたんで、「ああ、良かった、やっと外れたんだ」と思って出て行ったら、

スタッフ君「…すいません、あの〜、どうしてもブレーキ棒が外れなくて…」

ΣΣ( ̄◇ ̄;)ハ?

スタッフ君「次にお使いになるのは何時でしょうか?」

…ああ、そうね、でも、普段のデイサービスはこの車椅子じゃなくて施設の使ってるんで、次のショートは来年1月だから、当分使う予定は無いから、急がなくて大丈夫ですよ。

スタッフ君「そうしましたら、ちょっともう一度出直しさせて頂いてよろしいでしょうか。日にちは改めてまたご相談ということで」

はいはい、じゃ、お電話お待ちしてます。

スタッフ君「すいません、本当に申し訳ないです」

いえいえ、大丈夫ですから、道中気をつけて。


ま、そういうこともあるわな。
電話では状態を話したけど、スタッフ君が実際に破損形状見たのはこれが初めてな訳だし。


で、意気消沈のスタッフ君が帰った後、直ぐに女子スタッフからお詫びと再度日程調整の電話があって、

結局、当初はブレーキ棒の交換で済むと思ったら、どうも車椅子本体そっくり交換事案だったらしい。


7日15~16時の再訪予定で、先ほど15時ジャストに先日のスタッフ君とは別の人が来て、

新しい車椅子置いてってくれますた。


頂いた名刺見たら「係長」さんだったので、別に文句言うつもりも無かったけど、レンタル会社側としては二度手間(とは言わないと思うけどね、この場合)になったので、

前回スタッフより上位者が出張って、誠意を見せて、苦情を躱そうということだったんじゃないかと。


婆様に破損の時の状況を聞いても、まだ迎えに来てくれたスタッフさんが押してくれてる最中に、ポロっとブレーキ棒が落ちたっていうから、

使用上、最も力がかかる箇所だし、経年劣化か金属疲労かは分からないけれど、

婆様が一人でトイレやベッド移譲の最中に折れて、ブレーキしてない状態で着座失敗して転落
ε≡≡≡ヘ(l|i゜囗゜*)ノ゙ ぎゃぁぁぁ

…なんてことにならなくて本当に良かったっす。
ε=( ̄。 ̄;)フゥ





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
POTE
Posted byPOTE

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply