在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

ご無沙汰です

長野で震度6の地震がありました。
被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

******************************



ご無沙汰いたしております。

たまに真面目な考察すると、反動で幽体離脱しちまったり、
健さんロスで意気消沈したり、
冬布団に切り替えたり、
お歳暮のビール券買いに日本橋三越まで出かけたり、
生垣の刈り込みしたり、
MacのOSをYosemiteにアップグレードしたり、
婆様のお誕生祝いにビーズブレスレット作ったりしてますた。

↓こんなん。
IMG_1578_convert_20141122232409.jpg
ちょっと気取って撮ってみた
IMG_1575_convert_20141122232627.jpg
ちょっと自分ではめてみた
IMG_1580_convert_20141122232704.jpg

こげなスーダラブログに有難くも飽きずにご訪問下さり、
放置状態にもかかわらず、ランキング上位にとどまっておられますのは偏に皆様のおかげと、
五体投地の勢いで感謝感激雨あられ。
(言ってる本人も意味不明)

漸く舌の口内炎も治ったし、
(普通に食事が摂れる有り難さったら、ねえ)
(日替わりで出来てた指のささくれやパックリあかぎれも治ったし)
(免疫下がってるとロクなこと無いわ)

来週28日で目出度く米寿におなりになられる婆様の、
お祝いのケーキとかお花の手配とかも取掛らんとな〜。
(国賓はお見えになるのかならんのか、またしてもさーーーーっぱり連絡無いよ)
(声かけたほうがいいかなあって現当主に聞いたら、「うちから呼ぶことないだろ」だって)
(まーね、ワタシの仕事が増えるだけだから、来ないなら来ないで良いんだけど)
(でも、婆様寂しがるだろうよ)
(10年前の、爺様の米寿祝いの時は国賓一家のみならず親戚のI川のおじさん夫婦にまでご足労賜り)
(お台場のホテルで、大々的にやったからな〜)

あ、ワタシ、自分の健康診断申し込まんと。
(協会けんぽの被扶養者の検診、来年3月期限だった)





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

コメント

口内炎、良く成られ良かった
お母さま、米寿おめでとうございます
ビーズブレスレット綺麗です
私もチャレンジしようかな?

そうですよね・・・
家はめでたいお知らせではなく
肝硬変が進行腹水と足の浮腫みが・・
先生『余命は・・』なんて言われ続きはききませんでした
介護しんどいですが、悲しい、つらいもんですね

普段連絡のない方々にどのように言えば・・・
主人に任せます
余命という言葉が出されましたか…

それが生きとし生きるものすべての宿命であり、虚を突かれ唐突に逝かれるよりは残り時間を測れるということは準備ができる(気持ち的にも段取り的にも)恩恵も有るわけですが、家族にはやはり辛い現実です。

これから只でさえ慌ただしい年の瀬です。
どうぞ無理なさらずご自愛ください。

コメントありがとうございました。
毎回 お誕生日をきちんと祝ってられるんですね

実は今頃 婆さまの誕生日=うちのばさまの命日
なのに気がつきました (◎-◎;)!!

久々に 内外共に封印した当時のブログを
読み返しました まさに修羅の時期を
そうとも感じず 過ごしていたな
今は 申し訳ない程 ぬるま湯だなあ と
振り返りました 

米寿のお祝い 私は本来実の娘が企画して
日頃 お世話かけてる同居家族共々招待する
(まあ 実兄弟に費用の相談はしてもいいけど)
もんじゃないかな と思いますが
そこまで 無事に迎えられたのは
誰のお蔭か 考えたら そうなると…

そう思ってくれないなら 自力で自分を守って下さい
健康診断 必須 ですぞ!! 
お誕生日はもとより、お彼岸とか、七夕とか冬至とか、季節のイベントはきっちり欠かさない家です。
今は諸般の事情でだいぶ割愛してますけどね。
病伏してる最中、他にやることもなく自分のブログ読み返したら、あまりの壮絶さに自分でしてきたことなのに、ドン引き、こんなことやっちゃいかんわと反省しきりでした。
>申し訳ないほどぬるま湯
…同感です〜。
同じ在宅介護でも、おむつ交換も昼夜逆転も失禁もご機嫌暴走もないんですから、楽なもんです。
(その分、嫁姑バトルは健在 笑)

コメントありがとうございました。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://pote1130.blog23.fc2.com/tb.php/1161-bcadaf92
<< 薬仕分け | TOP | 悠久の彼方へ >>