えー、色々反響有り難うございます。

スボラスーダラてけとー人間のブロ主ゆえ、亀反応なのは御勘弁頂きたく。
(まだ口内炎は回復途中で、完全復活には今暫く時間が掛かりそう)
(歯科Dr.も12水の診察で、治癒まで7~10日くらい見てた方が良いって言ってたし)
(一応普通食食べられるようにはなりましたが、咀嚼の際、右耳に微妙な圧痛を感じるし)
(酸味、塩気の強いモノは喉の左側で飲み込むようにしないと七転八倒の沁痛が)
(5ミリの口内炎は色は薄ピンクになって来たけど、まだばっちり有るし)

で、前置きが長くて申し訳無い。

鍵コメでご質問頂きました鼻腔ファイバースコープの件ですが、

ワタシは全く痛くなかったです。

喉が痛くてモノが飲み込めない、
内科でクラビットとロキソプロフェン5日分貰って飲んだけど改善されてない
と、問診に書いて、

初めて掛かった耳鼻科なので、
既往歴に 2005,7 乳ガン手術 と書いたので、

診察室では先ず、
耳の診察(耳腔内直視と軽く耳を引っ張って痛みが無いか確認) 、
鼻の診察(これもちょっと覗き込まれたくらい)、
喉の診察(舌圧子で舌を抑え、喉奥を直視)して、特に異常(腫れ・発熱)が無く、

恐らくガン再発の可能性も考え、

のどの奥を見ないとハッキリした診断が出来ないので、カメラで視ます と言われ、

は?カメラ?と思ったら、もー耳鼻科Dr.は鼻腔ファイバースコープ持って、目の前に立ってて、

逃げる間もなく(笑)、

後になって、あれが麻酔だったと思ったけれど、なんか点眼薬(鼻腔薬?)みたいな小さいボトルで鼻の中をシュシュって霧吹かれてから、

身体の力抜いて、口で息してて下さいねー と言われ、

ひやむぎとゆーか、えのきとゆーか、充電コード(細いヤツ)くらいの黒いケーブルが左の鼻腔からするする〜っと差し込まれ、↓こんな感じで
(参考写真 【注】被験者はワタシではありません)
bikuu.jpg

時々、「えー」って言って下さいとか、口すぼめてほっぺたに空気溜めて膨らませて下さいとか言われて、

5~6枚写真撮られました。


で、結局声帯も咽喉内部も、ワタシが訴えるほど腫れてない という検査結果で、
(自分の声帯初めて見ますた)

別の抗生剤と鎮痛剤、喀痰薬、鼻炎薬、うがい薬が処方され、

薬飲み切ってもまだ具合が悪ければ、今回視た喉より下の部分の異常を検査した方がいいでしょう っつー

再発疑いをそれとなーく示唆する言い方をされ、

したらば、喉じゃなくて舌の付け根にどでかい口内炎発見という、

前半ジョーカーと戦ってたのに、後半40分はトゥーフェイスとの死闘だったバットマン ダークナイト(2006)みたいな展開でした。
(映画興味ない方、バットマン知らない方、かえって分かり難くてすいません)


ファイバースコープの検査と聞くと恐怖感もお有りだと思いますが、咽喉内部状態を見て正しく診断出来るという点では、絶対おススメです。

頑張って下さい。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
POTE
Posted byPOTE

Comments 2

There are no comments yet.
miu  
No title

私も喉の痛みで耳鼻咽喉科を受診した際、
やはりファイバースコープ挿入されました。

痛みなど全く無く、感覚としては・・・
むせてご飯粒や麺が鼻の穴に入ってしまった感じ?
あの程度の違和感です(苦笑)

胃カメラなどの苦痛とは全く異なり、
痛くもかゆくもなく、あっつー間に終了。

「きれいな画像ですよ~」と言われたので
私の場合も、あの喉の痛みの原因は何?と
判らずじまいで終わりましたが(汗)

あのシュッシュは麻酔だったんですかね?
耳鼻科を受診すると、いつもシュッシュと
されるので、何も考えてませんでした。

鍵コメの方~!痛くないし怖くないですよ~!
安心して受診してください(笑)
(嗚呼おせっかいppp)

2014/11/16 (Sun) 15:45 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>miuさま

あの後他の方のファイバースコープ体験記を幾つか拾い読みしましたが、結構痛い思いされてる方も居るんですね。
痛くて我慢出来ずに止めてもらったとか…
あと、寝た状態で行う場合もあるようで、それだとやっぱりちょっと緊張するかも。
中にはスコープ通されながら、一緒にモニター見た方が気が紛れるなんて強者の方もいらっさいましたが、それは無理。

コメント有り難うございました。

2014/11/18 (Tue) 14:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply