WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)


寒い

  1. 2014/10/23(木) 11:16:06_
  2. 日々のたわ言
  3. _ tb:0
  4. _ comment:6
爺さまの三回忌法要に出席してくれた甥君が、

じゃっくさんに言ってったらしいんですけど、

正月は、


元旦はうちに集まるだろうから、

2(金)〜3(土)は正月旅行に当てて、

4(日)はのんびりして、

5(月)から仕事始め の予定だそうで。










は い ?


何か、さらーっと聞かされましたが、

スンゲエ怖い話になってるみたいなんすけど、

…え?

来年も

元旦に 勢揃い すか?

∑( ̄[] ̄;)マジー!?

(勢揃いってこたぁ、また5人の来客と2人の家族の飲食接待に明け暮れる元旦ってことですよね)
(買って来て切って並べるだけだから、それくらい愛想良くしろってか?)


風邪かしら、急に寒気が…不整脈が…
ガタガタ…((((。=ωノ[壁]





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
2014_10_23  [ 編集 ]

<<秋の寄せ植え | BLOG TOP | 突発adventureこぼれ話・2>>

comment

大変だ~

  1. 2014/10/23(木) 15:56:27 |
  2. URL |
  3. みかん
  4. [ 編集 ]
間違っても、間違っても、お姑さまには耳に入れませんように。
きっと「そうね」なんてさらっと言われたら地獄の始まりになっちゃいますものね。
さら~と聞き流しましょう、聞こえないふりもありです。
嫁さんは辛いですね、メイドじゃない!、って誰か確定してくれればいいのに。

>みかんさま

  1. 2014/10/23(木) 21:03:17 |
  2. URL |
  3. POTE
  4. [ 編集 ]
甥君にしてみれば、おばーちゃんは喜ぶ、親とも顔合わせ出来る、おじさんとも話出来る、毎年代わり映えのしない料理だけどまあまあうまいもんも喰える で、一石四鳥なんでしょうけどね。

彼がワタシの息子なら話は全然違いますけど、甥君ですから。負担比重が一極集中のような気が…(そういうのは実家でやらないか?)

お茶だけで帰ってくれないかなー。くれないだろーなー。んなことしたら、また婆様が激高して罵られるんだろうなー。

正月くらい身内もてなすのが何でそんなにイヤなんだ、お前は可笑しいって。
(だって、ワタシは誰から(実家ですら)ももてなしてもらえないんですけどねー)
(数日前から駆けずり回って支度して、「ご馳走さま〜」でおしまいですよ)
(そら、嬉しくないですって)
はー…婆さまが健在な限り、この習慣は無くならなさそうですわ(泣)。

コメント有り難うございました。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/10/24(金) 18:43:16 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

  1. 2014/10/25(土) 18:23:58 |
  2. URL |
  3. キリーク
  4. [ 編集 ]
じゃっくさんも悪いですよ

日頃のpoteさんの苦労がわかってれば
自宅宴会はありえないでしょう。

poteさん 年末年始は自宅から脱出して(プチ家出ともいう)
血縁者だけで 盛り上がっていただいたらいいのでは?

>10/24 Tさま

  1. 2014/10/25(土) 20:45:09 |
  2. URL |
  3. POTE
  4. [ 編集 ]
宴会の話が持ち込まれる度に、再発して入院したらおさんどんしなくて済むのにな〜なんて、血迷ったことを考えます。
でも、冷静に考えれば、ブータレながらおさんどんしてる方が病室の天井見つめながら夜を数えるだけの日々より遥かに幸せなんです。
久しぶりに腫瘍ブログ覗いたら、元気に治療頑張っておられる方に混じって、ご家族が引き継いでいるブログ、数年前の記帳を最後に更新されてないブログがかなりあって、さながら荒野に連なる墓標のようでした。
生きていることは素晴らしい。生きていられるだけで素晴らしい。
想いを残しながら彼方へと旅立って行ったガン友達に思いを馳せながら、でも元旦宴会に今ひとつ鷹揚になれないオニヨメです。
(案外、再発しても構わず宴会開催されそう 爆)

コメント有り難うございました。

>キリークさま

  1. 2014/10/25(土) 20:53:15 |
  2. URL |
  3. POTE
  4. [ 編集 ]
お久しぶりです、お元気でしたか?

爺婆さま孝行の為には嫁の労働は「当然」か「致し方ない」くらいの認識なんだと思います。
一応、おいでになる方からは「何も支度しないで良い」とは言って頂いてますが、だからと言ってホントに何もしない訳にもいきませんし、
大体婆様は大興奮でアレ作れコレ出せソレ用意しろと矢継ぎ早に指示繰り出して来ますし、じゃっくさんも自分の身内ですから、大変だけどまあうまくやってくれよくらいの立場ですから。
ワタシもワタシで、他人が自分のキッチンにズカズカ入って来て、我が物顔に使われるのは受け入れられない性格なもので、そうなると陰で卑怯な痛罵を喚き散らしながら仮面被ってしおらしい振りして接待するしかないということになる訳です。

お正月って…何でしたっけねぇ…
つか、ココ誰の家なんだろー。

コメント有り難うございました。
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

QRコード

QRコード