WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

突発adventure・1

  1. 2014/10/18(土)
爺さま三回忌法要無事終了、

婆さまショートステイ、

じゃっくさん出張、

…とくれば、自分へのご褒美げとー!
(過剰報償に過ぎるんじゃないかという意見もありましたが)
(無視)

今回ワタクシが飛びましたのは、近畿は紀州 和歌山の 南紀白浜、

行って良かった動物園ランキング堂々1位のアドベンチャーワールドでございます。
(因に2位は旭山動物園、3位は多摩動物園)
(旭山は突発済みだし、多摩は一応東京だしね)

ネットを駆使し、
格安航空チケット購入の、
一人旅適応の宿予約の、
空港からのルート組み、
時刻表プリントアウト、
観光フリーバス券詳細等々の情報をゲットし、

10/8(水)、じゃっくさん出張出発を見送ってから、鶴の翼で羽田を飛び立ったのでございます。

いや、ワタクシこれまでも(じゃっくさんと二人で、一人突発で)何度か空港利用したこと有りますけど、

出発15分前までに保安検査場(荷物検査)を通過して、更に10分前までに搭乗口(待合室)に着いて、搭乗ゲートが開くのを待っていればいいんですけど、

北海道行きとか関西行きとかのメジャーな路線の搭乗口って、保安検査場出て割とすぐ近くにあるんですが、

羽田-南紀白浜の搭乗口ってねー、田舎(失礼)路線だからなのか、



搭乗口すごーーーーーーく遠かったです。
(一番遠かったんじゃないか?)
(行けども行けども指定された搭乗口に辿り着かなくて)
(何か一駅くらい歩かされたような気が)
(早めに空港に到着しといて良かったわー)
(ヘタしたら、便名と名前全館放送されて、地上スタッフの先導で全力疾走してるところだったわ)
(たまに居るよね)
(トランシーバー片手にお客さんと一緒に廊下走ってるグラウンド勤務さん)

機内も、中央の通路挟んで左右に2席ずつというコンパクトさ。
(バスみたい)

キャビンアテンダントさんも2名。

飛行時間75分だからなー。
(でもちゃんとドリンクサービスもあった)

11:45 南紀白浜に到着後、空港内売店で観光フリーバス券を購入。

循環ルートバスでとれとれ市場まで行き、昼食。

結構賑やかなマーケットで、アジア系のTVクルーが取材に来てた。

伊勢エビラーメンを前に、大仰な身振り手振りで食レポしとった。

因に、ワタクシの昼食は海鮮うどん。
(何たる慎ましやか)
(いや、夜は旅館メシなので、敢えて昼は軽めに)
(でも、おつゆすごく良いダシで美味しかった)

腹も落ち着いたところで、漸く観光。

京都大学白浜水族館は1930年に開館した京大の臨海実験所の付属施設。
IMG_1463_convert_20141011210932.jpg
今年の7月にリニューアルしたばかりで綺麗な施設でした。
うつぼは相変わらず人相が悪い(笑)。
IMG_1465_convert_20141011211035.jpg
白浜というだけあって、白い砂浜。
IMG_1472_convert_20141011211251.jpg
浜辺をぷらこら散歩してたら、こんなところにボクシングの名トレーナー エディ・タウンゼントさんの記念碑が。
(ガッツ石松さん、赤井英和さん、井岡弘樹さんなどのボクサーを育てた名トレーナー)
(氏が世界タイトル戦を控えたボクサーと共に合宿するのがいつもここ白浜だったとか)
IMG_1467_convert_20141011211142.jpg
エディさんの後方に写っているのが、今回ワタクシが宿泊した宿でおます。
本館はで、ワタシが泊まったのは別館。

本館とは20Mの渡り廊下で繋がっていて、部屋から海も見えるし、トイレはウォシュレット、食事はレストラン、本館の温泉(山と海、2種類のお湯を堪能)は自由に入れて、布団も敷いてくれました。

EVの乗り換え等もありますが、一人旅なら申し分の無い部屋です。

夕食時間は6時、6時半、7時ですが、6時半は団体が入っているというので7時を希望。
IMG_1473_convert_20141011211525.jpg
チェックアウト後、ひとっ風呂浴びてから浜辺に出て、時間もたっぷり有ったので海の夕景をずっと眺めてました。
(え?痛いですかー?本人結構幸せな時間だったんですけど)
IMG_1474_convert_20141011211619.jpg
こちらが夕食。この他に揚げたての天ぷら、茶碗蒸しが運ばれ、
IMG_1475_convert_20141011211718.jpg
デザートは柿のゼリー。
IMG_1476_convert_20141011211801.jpg
翌日の朝食はビュッフェで、これまた美味しゅうございました。
ホテルのスタッフも皆さん親切で良くして下さいましたし(まー全然手のかからない客だけどな)、これで、8,200円はお値打ちではないかと。

翌日は一日アドベンチャーワールド三昧です。

続きます。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
  • そぞろ歩き / コメント:6

  • <<突発adventure・2 | BLOG TOP | 忘れちゃいけない三回忌の黒編>>

    comment

    1. 2014/10/19(日) 09:35:37 |
    2. URL |
    3. 農家の嫁
    4. [ 編集 ]
    良いですね!1人飛行機。
    って私新婚旅行以外乗ったことな~い!
    ディズニーへは1人行った事ありますが・・
    他にお泊り勇気ないですわ!
    それにばー様と旦那2人居ない日ありえない

    ぜひ今度こちらにも飛行場ありますので
    黒四ダムとか雪の大谷とかいらっしゃいませ。
    春はホタルイカ、白エビ、冬は寒ブリ
    観光大使ではありませんよ

    1. 2014/10/19(日) 12:35:08 |
    2. URL |
    3. miu
    4. [ 編集 ]
    1人ボーっと海を眺める・・・なんて贅沢な時間!
    頭の中を空っぽにして、ゆったりと過ごすなんて、
    介護人には至福の時じゃぁございませんか♪

    今はランチさえもおちおち食べていられない某人なので、
    旅行に行きたいと言われても億劫です。

    来月の法事、親戚も参会してくださるらしいので、
    お斎を出さねばなりませんが、某人のお世話を
    考えただけで、今から憂鬱になってきました(涙)

    1. 2014/10/19(日) 15:25:11 |
    2. URL |
    3. TOMAMA
    4. [ 編集 ]
    いい~~~ 海+白い砂+夕陽  も~何もいえねぇえ~
    値千金 ですね

    ローカルといえば 成田から伊丹に飛んだ時
    ず~~っと ず~っと 歩いて
    さらに 階下に下りて 薄暗い待合室で待ってたら
    バスがやってきて ( ̄□ ̄;)
    久しぶりに 飛行機のタラップを登りました

    国際線優先は分かるけど… 伊丹はローカルか! 
    そうか (_ _。)・・・シュン

    >農家の嫁さま

    1. 2014/10/20(月) 09:22:22 |
    2. URL |
    3. POTE
    4. [ 編集 ]
    お住まいは北陸ですか。
    来年3月に北陸新幹線が開通されますので、それも候補に入っております。
    あくまで我が家の婆様が現状維持で、かつじゃっくさんもワタシも健康であることが必須ですが。
    MAX期は何処かへ行くどころか、ひたすら穴蔵にでも篭って眠りたいだけでしたから、如何に当時無理に無理を重ねていたことかと思います。

    無理なく出来る介護なんて有りませんが、無理し過ぎも百害あって一利無し。
    その辺りの中庸の加減が肝要のようです。
    ホタルイカにシロエビですかー…良いなー(笑)

    コメント有り難うございました。

    >miuさま

    1. 2014/10/20(月) 09:23:03 |
    2. URL |
    3. POTE
    4. [ 編集 ]
    一人飛行機も
    一人温泉も
    一人パンダも楽しかったですが、
    夕食の支度もトイレの気配も与薬の段取りからも解放され、陽が落ちて暗くなるまでぼーっとしてられる贅沢の価値を共感して下さるのは、戦場は異なれど同じ苦闘に立ち向かってる同志だけですね。
    飛行機だなんて何て贅沢なっつーのが大方の反応ですた。
    (確かにそれは認めます)
    (認めるけど、1泊で遠出出来て、現地の時間目一杯有意義に使おうと思ったらねえ)

    法事のご準備が迫っているのですね。
    一通り済むまでは何だかんだと雑事?が続きます。
    どうぞ無理せず、割愛出来る部分はばっさばっさと切り捨てて済ませられますように。

    コメント有り難うございました。

    >TOMAMAさま

    1. 2014/10/20(月) 09:23:56 |
    2. URL |
    3. POTE
    4. [ 編集 ]
    MAXで家に縛られていた頃、行きたかったのは「たった一人」で「此処では無い何処か」でしたから(笑)。

    今回の南紀白浜の搭乗口に辿り着くまで、4回くらい動く歩道使いました。
    どんだけ遠いのー(笑)

    コメント有り難うございました。

     管理者にだけ表示を許可する
     


    trackback