WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP爺様 ≫ 骨密度

骨密度

8月に、区から長寿検診の案内が届きました。

8~10月に区内の医療機関で受診すれば、無料で健康診断が受けられるので、爺婆様共にこの検査を欠かしたことはありません。

ただ、以前は夫婦揃って、T内科にお世話になっていたのだが、爺様は春からN医院医師の往診になってしまったので、婆様だけT内科へ、爺様は先日車椅子でN医院で初受診することに。

検診内容は身長体重測定に、尿検査、心電図、血液検査、レントゲン撮影が主なのですが、N医師の提案で骨密度も測ることになりました。

何せ腰の曲がった年寄りなので、身長測るのもレントゲン撮るのも、直立出来ないもんだから、もうちょっと頑張れない?いやー、もう、この辺りで限界ですー、ああ、じゃ、これでやっちゃいましょうてな感じで、

検査される爺様も大変だったけど、看護師も、先生も、付き添いの嫁も、そらもー大騒ぎですた…

尿、血液の検査結果は再来週の往診時に先生が持参して下さることとなり、骨密度の結果を聞くと、

えーと、平均値の骨量が100、~80が正常、~70だと骨粗鬆症疑いで要注意なんですけど、

爺様の骨量は 40 でした…
(骨薄過ぎー!)

まー、測ったのが左足(急激な老化のきっかけとなった大腿骨骨折した方、筋肉も落ちてすっかり細くなってる)だったってこともあるんですけどね。

運動で回復させるのはほぼ絶望的なので、カルシウム剤とビタミンDを新たに処方して頂きました。

それにしても、骨密度40って…

それじゃあ、ちょっと尻餅付いたり、転倒するだけで、骨折しちゃうわけだわ。

血管も骨も、全身ぼろぼろですわいな。

通所介護のプラン更新の度に、寝ながら出来る筋力アップ体操のプリントとか頂いて来ますけど、自宅でやってるの見たことありません。

食べてる時とトイレ行く時と寝てる時以外は、ずーっと寝てるんだもの。

そのくせ、ケアマネさんやデイサービスの職員さんから「おうちでも運動してますか?」と聞かれると、本人、しれっと「はい、やってます」なんて答えてるんだから。

嘘をついてるというのとは、ちょっと違うみたいなんですけどね。

「やってない」と本当のこと答えて、相手をがっかりさせたらいけない、という爺様なりの配慮というか善意というか、でも本当は自分の怠惰を誤摩化してるだけ。

とはいえ、リハビリなんて辛くて退屈で大儀でしかないんだから、92の年寄りに無理して運動させるのってどうなんだろう。

毎日の積み重ねが大事なんだってことは百も承知なんですが、それすらも出来なくなるというのが老いの実態でもあるんじゃないかと思うとねー。

取り敢えず、無事に夏越えは出来たから、次は目指せ正月かなー。

新型インフルの流行も懸念されてるし、色んな意味で正念場の秋冬になりそうです。

Comment

心配が多いですね。
編集
POTEさま、
熱中症の心配をしなくていい秋になったのに、今度は骨密度、その上、インフルエンザがひたひたと忍び寄ってきていて、気の休まる間がないですね。
POTEさん御自身の体調にもお気をつけください。
インフルエンザ「予想はずれ!」であることを期待してるのですが、そうはならないでしょうか?
2009年09月09日(Wed) 21:45
>まさひまさま
編集
爺様は猛暑の頃もぐったりしてたんですけど、涼しくなってからの方が疲労感がみられます。
季節の変わり目の、身体の負担が大きいようです。
まさひまさまはまだまだお若くてお元気ですけれど、新型季節型どちらのインフルにも油断禁物ですね。

コメント有り難うございました。
2009年09月09日(Wed) 23:38












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL