WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP婆様 ≫ 細かいことは気にしない

細かいことは気にしない

昨日のテレビでやってたらしいんですけど、

五十肩だと思ってたら、実は腱板断裂だったという症例が増えているとかで、

いつまでも痛みが引かなかったら、整体じゃなくて整形外科を受診しないとダメだとか、

整形なら「アレ塗って、アレで見れば、シーテーですぐ分かる」んだって言うんですけど、





…(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり

もー突っ込みどころが有り過ぎて、何処から指摘すれば良いのかってハナシなんですが、

先ずは、

CTじゃなくて、それエコーだと思う。

てけとーにカタカナ並べりゃ、こっちが正しく拾ってくれるだろ位に思ってるみたいなんですけどね。
ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

そもそもウチに今、五十肩の人間居ないし、

多分、婆様は自分の右の肩から上腕三頭筋(腕の内側)常に張ってて痛みが有るんで、

それを遠回しに訴えてるんだけど、

アナタのは五十肩でも腱板断裂でもなく、

体重増加による過重と、脳梗塞後遺症麻痺による身体動作重心不調和(起き上がりや横臥状態からの上体移動で常に集中的に肘と下腕に体重が掛かっている)、

即ち 過負荷が原因の筋肉痛 ですので。
(これについては訪看さんとも同見解)


更に、

肘が上がらない人には あっかんべー体操が有効だとかで、

3時のおやつ持ってった時も、
夕食の時も、
就寝前の与薬やらポータブルトイレ準備やら翌日の洋服支度してる横で、

あっかんべー体操を実演して下さったんです

が、

「あっかん」で、両方の手のひらで顔を隠し、

「べー」で、肘を肩の高さにキープして両手を左右に開く、





…ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

言っていいすかぁー?


それ、「いないいないばー体操」すよね?

(あっかんべーって、片手で目の下瞼引いて舌出す動きだしょ)

と思いながら、

本人があまりにも真剣に実演してくれるので、ワタクシ結局突っ込めませんでした。
( ̄▽ ̄;)

ま、いっかー。

せっかく本人が気分良くやってんのに、水差すこともあるめいよ。
(年寄りと同居してりゃー、んなこたぁ日常茶飯事だしねー)





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

No title
編集
うん、まあ、ツッコミどころ満載な発言は、日常茶飯事ですから、私もニッコリ笑ってスルーできるようになりましたわ・・・
義父は、義母の言うことにいちいちつっこんでカリカリしているようです。
「お義父さん、いちいち気にしてたら疲れるでしょ?うん、そうだなって聞き流してていいのよ」と教えてあげたけど、やっぱり気になるようです。
服とか捨てるとおこるって言うので、「見てないところでこっそり捨てて、捨てたなんていわなきゃいいのよ。そうすれば気がつかないから・・・」と入れ知恵したら、目からウロコって顔してました(笑)
2014年06月18日(Wed) 22:59
>しーさま
編集
ワタシも説得に限界感じた時点で、「黙って捨てる」「聞かれたらトボケる」で対処してます。
「嘘は良くない」って某御方にご指摘賜ったことも有りましたけどね。
DOS(ダッタラオマエサンガセットクシロ)。
一日に何度も同じこと聞かれても平然と流せる頃には、嘘をつく罪悪より、認知症の人とのトラブルとこっちのストレスを如何に平穏に回避するかの方が優先されますね。

コメント有り難うございました。
2014年06月19日(Thu) 09:20
動かない
編集
家でも感嘆に動かせる体操があるのに
父親はまったく動きません。
ところが、介護調査員が来ると「動くよ、ほら、まだまだ出来るよ」
と一生懸命余計なことをし始めちゃいます。
普段は全く動こうとしないのに。
どうしてこうも違うのか不思議爺さんです。
2014年06月19日(Thu) 09:33
No title
編集
あっかんべー体操 (‥ )ン? 効果あるのか? と
思わず 先を読む前に やってみちゃいましたww

読み替え(変換)技術は必要ですよね

私も 面倒&ストレス避けに 訂正せずに「そ~だね」と言ってたら
別居の頃はいつの間にか「TOMAMAがこう言ってた」と
言いふらされて こっちの認知機能を疑われないか? 状態でしたわw
 
2014年06月20日(Fri) 08:27
>みかんさま
編集
実は、先週、認定調査があったんですよ。
もー口を酸っぱくして言っておきましたので、調査員の前で張り切ることは有りませんでした。
腕を上げるくらいはやりましたけど、マヒの有る方はすぐ力が抜けちゃってと自分で言ったので後方で「よしよし」と密かに安堵。
予め「ヨメ目線の認定項目一覧と詳細」をタイプしておいて、調査員さんの帰りしな、こっちが実態ですと渡しておきましたけど、どうなることやら。
まあ、こちらもかなり経験積んできましたので、よもや軽い要介護が来たら、速攻不服再審査ですけどね。
お互い認定結果が出るまで落ち着きませんね。

コメント有り難うございました。
2014年06月20日(Fri) 13:32
>TOMAMAさま
編集
子供をあやす仕草なのと、最後が延ばす音だってところくらいしか共通点ないんですけどね。
とにかく言ってる方は大真面目なので、突っ込む方が意地悪みたいで(笑)。
だんだんモノグさになって来て「ほら、あれ、ほら」でこっちに全部言い当てさせようとするんで、さすがにもう少し言葉出して下さい!て言いました。
あれったって、どの「あれ」なんだか、ざっと上げただけでも候補が5~6個あります。

コメント有り難うございました。
2014年06月20日(Fri) 13:33












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL