3/5(水)朝から雨。
8:45雨の中、都バス利用で婆様の施設に顔を出し、無事手術が終了したことを告げ、そのままT大病院へ向かう。

10時前に病棟に到着。

点滴は前夜の軽夜食後に撤収済み、尿管も今朝抜管。

で、抜管痛も当然のことながら、今朝から排尿痛に苦しんでるそうです…

(ああ、可哀想に可哀想に)
(でも、最初の排尿痛が10だとしたら回を追うごとに8→6と薄紙を剥ぐように少ーしずつ軽減されてるそうで)
(頑張れ、男の子)

この日も心電図計測とレントゲン撮影、看護師さんの許可を得て、午後シャワー。

まったりしてたら、サブのドクターその1が6(木)退院決定を知らせてくれる。
退院支度は明朝10時迄に完了とのこと。

すっかり気が楽になって、二人で階下に散歩に行ってドト○ルでコーヒー。

同室の隣のベッドの駄山氏(仮名)の困った行状とか、
次に入ってきた南郷氏(仮名)のこととか、色々聞かされ(詳細については機会があればまた後日 笑)、早目に帰路につく。


天気は土砂降りだったが、心は既に晴天のPOTEは帰宅途中、美容院に寄り、ストレートパーマと毛染めとカットというフルコースを注文。

3時間くらい美容院に居た。


3/6(木)通勤ラッシュを避け、8時前に病院到着。
(まるで病院に通勤しているような4日間ですた)

院内ドト○ルで二人分のコーヒーを買って病棟に上がり、ラウンジへ。

丁度朝食中のじゃっくを発見、二人でのんびり朝のコーヒー飲んで病室に戻ったら、医療クラークが計算書を持って来て下さり、

洋服に着替え、荷物をまとめ、同室の皆さんにお別れ、担当看護師さんに挨拶して、タクシーで帰宅。


3/7(金)高額医療制度の申請がまだだったので(ホントは事前に申請しておいた方がベター)、協会けんぽ東京支部のある中野まで出向き、
その場で限度額適用認定証をもらい、
昨日退院したばかりのT大病院の入退院センター精算窓口を訪ね、
クレジットカードで支払い完了。

帰宅前に、じゃっくさんを引きずって引っ張って婆様の施設に面会。

自分の足で歩いて登場のじゃっくの元気な姿に、婆様大変お喜びですた。


3/8(土)じゃっくさん出勤。

退院直後は一瞬ポコポコっと脈が早まりかける感覚が有るものの、以前だったらそのまま心臓がランダム頻脈に突入していたのが、そうならず、おとなしく鼓動しているそうです。

退院時に処方された薬は以下の通り

抗凝固剤サワシリンカプセル250mg 3日間
抗生剤バイアスピリン100mg 7日間
いずれも朝食後服用

翌週からは卒業式撮影で早出がずっと続いていました。


次回診察は4/4(金)心電図計測してからの診察になるそうです。


先天性の心房中郭欠損で、心臓機能の不充分差を補う為に、じゃっくさんの肺は30年間人並み以上に動きアスリートサイズに大きく発達していました。
(普通の人用のレントゲンフィルムで撮影したらはみ出しちゃって取り直しになった)

欠損閉鎖手術後も10年、頻脈を放置し左心房がかなり痛んでいる とも言われています。

60の大台が近付き、母親から「ちゃん」付けで呼ばれる可愛い息子も老眼鏡が手放せない立派なシニア。

もう少し元気で長生きしてもらいたいんですが、はてさて、じゃっくさんにどれだけの時間が残されているのか正直分かりません。
(我ながらシビア 笑)
(婆様とは違った意味で、ワタシも積極的悲観論者なのかもしれません)
(但し、婆様と決定的に異なるのは、この鬼嫁は攻撃こそ最大の防御)
(思い悩むのは長くても、行動に移す時は早いです)

出来れば母親より先に逝かないでもらいたいし、

二人で生きる時間が少しでも長く有れば嬉しいんですけどね。





因に、なるべくこまめに面会に来て下さるようお願いしてあった義姉上ですが、
10日間のうち1回お見えになったんだそうです。

うっふっふ、さ・す・が♡ てか?



ここまでお付き合い下さり、有り難うございました。



ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
POTE
Posted byPOTE

Comments 9

There are no comments yet.
ペンギンR  
ありがとうございました。

初めてコメントさせていただきます。表現力の豊かさにいつも感心させていただいています。
コメント長くなります。お許し下さい。
わたしには、先天性心臓病の娘がいます。20代前半ですが、4ヵ月、9ヵ月、2才、6才、12才の5回手術して、いま元気です。子供と同じ位の年令の方の軌跡はわかりますが、先天性心臓病を持たれて、成人以降の体の変化を経験された方のお話は大変参考になりました。ありがとうございました。
ジャックさま、POTEさま、これからも楽しい人生をご一緒に歩まれることお祈りしてます。娘も自分を受け止め楽しい人生を送れるとしんじますね。

2014/04/06 (Sun) 14:50 | EDIT | REPLY |   
山田あしゅら  
お疲れさまでした

入院は当の本人より看る方が大変。
連日の通勤通院お疲れさまでした。
お義母さまもホッとされて何よりです。

それにしてもいつもながらのPOTEさんの気働き。
ホント、勉強になります。
まぁ、こんなことはあまりない方がいんですけど
いつ降りかかってくるかは分かりませんもの。

もちろんとしお氏には
13番さんより先なんてことはまかりならんと
クギが刺してあるのは言うまでもありません。

楽しい老後とやらを少しは味わわなければ
悔しいではありませんか。。

2014/04/06 (Sun) 16:17 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>ペンギンRさま

初めましてPOTEと申します。
お嬢様が小さい頃からの病院通い、ご本人は勿論のことペンギンRさま達ご家族にも大変なご苦労が有ったことと拝察致します。
それでも、今はお元気になられたとのこと、本当に良かったです。

じゃっくさんは中隔欠損の他にも、6才くらいの頃、小児リュウマチで入院生活を送っていたことも有り、その時期はさすがに自分がどれだけ生きられるのかとか随分色々考えたようですが、良い意味で開き直り(笑)、成人以後の手術に対してもかなり冷静に理性的に判断決断しています。
どちらかというと親御さん達(特に母親)の方が心配頻りでした。
もっと健康な身体で産んであげれば良かった という負い目がずっと拭えないようです。
それも親心としては当然のことなのでしょう。

その一方で、じゃっくさんのアスリート並みに発達した肺のレントゲン写真を見た時、ワタシは言うに言われぬ感動を覚えました。
心臓に不調が有っても、他の臓器がそれを補う為にこんなにも頑張っている。モノも言わず(当然ですが 笑)ひたすらに黙々と。
それが命だと、生命力なのだと思います。

そして、家族に出来ることは寄り添い見守ることだけですね。

コメント有り難うございました。

2014/04/07 (Mon) 08:21 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>山田あしゅらさま

気働きなんて大層なものではございません〜。
でも、何事も予備知識・下準備が有った方が対応に余裕が持てますからね。

老後かぁ…ずーーーーっと先のことのように思ってましたが、最近若いアイドルの年齢聞くと、これもう子供じゃないよねー、その下の世代だよねー、ってうちら爺婆世代ー?とガクブルしてます(笑)

コメント有り難うございました。

2014/04/07 (Mon) 08:22 | EDIT | REPLY |   
ペンギンR  

お優しい言葉をありがとうございます。

娘も苦楽を共に歩んで下さるPOTEさんのような良き伴侶に出会えるとうれしいです。

体の神秘には驚かされます。単独では生きれないような病名が並んでますが、生きるために複数の病気を持つように心臓を作り替えたみたいです。

2014/04/08 (Tue) 07:24 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>ペンギンRさま

POTEは2005.7に乳ガン手術を受けました。
同じ時期に治療を頑張っていたガン友さんは半分は向こうへ逝ってしまわれました。
病気というのは非情なものですが、だからといって全てに絶望するには早過ぎる。
病気を得たことで、同居間もない不慣れな婚家で孤立していたPOTEはたくさんのガン友さんと知り合い、繋がり、親身になって心配して頂き、優しく励まして下さり、その後の在宅介護の大変な時期を乗り越える事が出来ました。

人生、どこに落とし穴が有り、救いが有るのか、その場になってみないと分かりません。

介護の詳細については実家にもあまり話して居りませんでしたので、実母からは親を見捨てただの薄情だの散々言われてましたが、爺様の葬儀でご近所の方が「お嫁さんが本当に良くしてくれてたから」と話しているのを聞いてから、実母のワタシに対する評価も大分変わって来たようです(笑)

誰もがそこに至るまでの経緯を積極的に喧伝する人ばかりでは有りませんが、「見えないところに真実が有る」、少なくとも人の心を慮れる人と出会い繋がりを持てることは人生の何よりの幸せだと思います。

お嬢さまとペンギンRさまご家族のご多幸とご健勝を心よりお祈り申し上げます。

コメント有り難うございました。 

2014/04/09 (Wed) 07:54 | EDIT | REPLY |   
-  
驚きました。

何度もコメントして申し訳ありません。
POTEさんご自身もそのような経験をされていたとは、驚きました。
しかし、納得でもありました。病気のこともお詳しくて、何よりも旦那さまの気持ちになり、かつ、力強く引っ張り(失礼)看病されていたのは、ご自身が患者の立場を経験されてたのですね。
うまく言えないんですけど、先天性の病気だと、子供と自分自身が切り離せなくて、たぶんこのことが、ここ四年間の娘と私が苦しんだ理由だと思うんです。娘は生まれた時から自分自身の病気と共に歩いてきました。しかし私自身は娘の体ごと自分の人生と混同してしまっていました。
病気をもった患者としての娘の気持ちになってなかったんです。
苦しい四年間でしたが、自分の人生と娘の人生を切り離すことで、いまは、娘も私から隠れることなく生活しつつあります。困難の中に出会ったとんでもない(笑)と当時感じた娘の彼とも必要な出会いだったと感じます。やはり大人に社会に反発してきた人ですが。(今は別れています)…彼も今は幸せに感じるように生きれたらいいねと思います。
POTEさんの人生の一つ一つの積み重ねが、旦那さまとの生活に結び付き、義ご両親の介護にとつながっていったのですね。
素晴らしい人生を垣間見させていただき、ありがとうございました。
私も出会えた運命に寄り添える柔らかさをみにつけますね。


2014/04/10 (Thu) 10:59 | EDIT | REPLY |   
ペンギンR  

すみません。先程のコメント、ペンギンRからです。

2014/04/10 (Thu) 11:02 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>ペンギンRさま

病気を得ることは本人にとっても決して小さくないことですが、本人であるが故に受容もまた容易であるようです。
「なっちゃったものは仕方無い」という感じでしょうか。
家族や親御さんにしてみれば、代われるものなら代わってやりたいと神仏にも縋りたいのが正直な気持ちだと思います。
子の未来が平坦であり幸せに満ちたものであることを願わない親御さんは居られませんでしょうけれど、子の人生は子の人生のものであり、親の庇護から旅立ち、自が力で苦難を乗り越えることこそ「生きる」ことではないでしょうか。
子無しのワタクシがこのような僭越なことを言うのは大変生意気ですが、転んで膝を擦りむいた子が一人で懸命に起き上がろうとしているのなら、そこに駆け寄ることも手を貸すことも堪えて見守るのが親御さんの試練ではないかと思うのです。

コメント有り難うございました。

2014/04/10 (Thu) 17:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply