H25.12の診察で、Dr.馬助(仮名)から、一番早くて年明け3月第1週の手術日を提示され了解。

じゃっく本人としては年末か年始にやりたかったようだが、POTEは大学病院のオペスケジュールで3ヶ月後は早い方と納得。

元旦、「国賓」一家の来訪宴会有るも、入院手術についてはカミングアウトせず。

年明け、秋に新調した婆様の外用車椅子が重量過ぎ、ケアマネs氏に交換申し出る一方、婆様にはまだ伏せてあるのですがと前置きし、じゃっくのカテーテルアブレーション入院手術を報告。

ついては是が非でも、当該期日前後には婆様をショートに入れ、付き添いに集中したい旨願い出る。

1月中旬、漸くじゃっくから婆様に手術予定を説明し、老健ショートステイ担当者にも直訴状(笑)を提出し、ショート確定の期日を待っていたところ、

s氏の退職と、新担当ケアマネクラリッサ(仮名)から、老健から満床につきショート不可の連絡を聞き、逆上(はしてません 多分)。

すったもんだの末、クラリッサ(仮名)の尽力のお陰で、故爺様もデイで大変お世話になっていた老舗施設ウテナ
(仮名)に10日ショート決定。

2/28(金)ショートを翌日に控えた夕食時、じゃっくの手術や新規のウテナショートステイに不安いっぱいだったのか、婆様いきなりの激高→

そんなのに構っていられないので、平気で和室に出入りし、翌日の洋服や持ち込む私物を確認。
(ヨメも強くなったもんだ)
(つか、弱かった時期なんかあったっけ? 笑)

3/1(土)10:45婆様施設送迎。
POTEも送迎車に同乗させて頂き、ウテナ入所。
昼食前まで付き添っていたので(そんな家族滅多に居らへん)、施設側には相当緊張をもたらした模様。
(ご家族の方、何時まで居るんですか?みたいなそーとー微妙な雰囲気ですた 笑)

帰宅後、義姉上に電話し、前夜そういう揉め事?があった報告と、ワタシの顔を見たくもないそうですから、お忙しいとは思いますがなるべくこまめに面会してやって下さいとお願いする。

3/2(日)久しぶりの夫婦だけの一日。
翌日の入院に備え、荷造りするも、
3/3(月)入院
3/4(火)手術
3/5(水)経過観察
3/6(木)退院 又は 再手術
(3/7(金)再手術の場合、経過観察)
(3/8(土)再手術の場合、退院)

とゆー短期入院(予定)なので、パジャマは一日200円の病院着を借りることとし、他支度するのは下着と院内で履くサンダルと洗面具くらいなので、あまり荷物も無し。

入院中、病院食は減塩薄味なので、(ホントはあまりやっちゃいけないと思いますが)梅干しと古漬けを小さいタッパーに入れ、持参。



続きます。


ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
POTE
Posted byPOTE

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply