じゃっくさんのカテーテルアブレーション体験記です。
ワタクシ目線の記録ですが、もし今後カテーテルを受けられる方の参考になれば、ほなこつ幸い。



じゃっく S31.4.1生まれ
乳幼児期の健康診断で心音に雑音が認められる。

大学病院で先天性心房中郭欠損 と診断。

challengers20_ph07.jpg
【心房中隔欠損症】
心臓は4室に分かれているが、
上側の2室の間の壁に穴があき、
両方の血液が混ざる状態になる。
右心房、右心室、肺に負担がかかる。

しかし、心音に雑音あるも脈拍血圧は正常、日常生活に大きな支障も認められず、

手術選択もあるが(何しろまだ昭和31~2年のことなので今よりずっとリスクが高かった)、
3才までに自然閉鎖する場合も多いので、様子見。

以後、健康診断の度に心音異常は認められるものの(残念ながら自然閉鎖は起こらず)成長とともに身体も丈夫になって行き、本人も親も「もう治った」と認識。
(この辺りが実にここん家らしい)

S63.12目出たく(運の尽き?)結婚。
会社の健康診断でやはり心音異常を指摘され、心臓カテーテル検査を勧められる。

H10 爺様転倒、大腿骨骨折、救急搬送でボルト埋め込み入院手術。

H11 老親夫婦だけの生活は無理だと決断、築35年の実家を建て直し、我々息子夫婦が同居。

諸々一段落したところで、学校随行登山の際、妙な息切れと動悸が増発、

前述の検査を勧めてくれたドクターに相談。

H14 K察病院を紹介され、2泊3日の心臓カテーテル検査。

次に御茶ノ水のT大病院を紹介され、そこで欠損閉鎖手術。
パッチ
↑は現在主流のカテーテルによる閉鎖ですが、じゃっくが受けた2000年当時は外科手術の方がメインでしたので、
胸骨を切らない小切開低侵襲手術(略称ミックス手術)でした。
それでも入院期間はひと月かかりましたが、従前の胸骨正中切開法(いわゆるかっ捌き手術)だとその3倍の入院期間になったと思われます。

但し、手術自体は成功するも、退院後も不整脈の発作に遭い、救急搬送されること3回。

ワソラン服用も効果はあまり認められず、心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)の説明受けるもこの時点では決断出来ず。


続きます。


ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝


POTE
Posted byPOTE

Comments 4

There are no comments yet.
dolphin  
Happy Birthday!

じゃっくさん、お誕生日おめでとうございます。
家の旦那さんは昨日でした。32年生まれなんでほぼ1年違いですね。
ホントは4月4日生まれらしいんですが、早生まれにされてしまったらしいです。今ならあり得ませんよね。

2014/04/01 (Tue) 10:57 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>dolphinさま

なんと、奇遇な!
実はじゃっくさんもホントは4/4生まれなんです。
働かざるのも食うべからずが金科玉条だった先代婆さま(現婆様の姑 故爺様の母 じゃっくの祖母)の、早目に学校にあげた方が手が離れて都合が良い=ヨメが職場復帰し易い という指図で、早生まれとして一年早く就学させられたそうです。
当時は4/1生まれは前の学年、4/2から次の学年という区切りだったらしいです。

現代でも、3月生まれと4月生まれの子供さんにはかなり体格差もあって1~2年生の頃は大変だそうですが、dolphinダンナさまも御苦労なさったことでしょうね。

コメント有り難うございました。
じゃっくさんへの誕生祝いも有り難うございました。

2014/04/01 (Tue) 13:58 | EDIT | REPLY |   
dolphin  
びっくり!

ホントですか~ 理由まで一緒ですよ。プラス近所の本家さん(何代も前らしいですが婆様が本家と言っているので)の息子さんが前年に産まれてたので一緒にされたみたいです。やっぱり子供の頃は小柄で嫌だったみたいです。なので、子供は3人共早生まれを避けて産みました。

確か、私達も年や背格好が近かったような気がします。なんか共通点が多いんでビックリです。

いつも読み逃げ状態ですが、これからも楽しみにしています。

2014/04/02 (Wed) 01:50 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>dolphinさま

ホントですね(嬉)
そういえば、ゴーヤの支柱の時もお世話になりました。
相変わらず役に立たない横暴鬼嫁の毒吐きブログですが、今後ともよろしく〜。

コメント有り難うございました。

2014/04/02 (Wed) 10:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply