WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日々のたわ言 ≫ ベビーカーマーク

ベビーカーマーク

676388.jpg
『国土交通省の協議会は26日、電車やバスなどでベビーカーを折り畳まずに使うことができる優先スペースを示すマークを決めた。
乳幼児を乗せたベビーカーを親が押す図柄で、同省は交通機関の車いすスペースや、駅のエレベーターといった場所に掲示するよう企業、自治体に要請する』





えーと…その場合、このマークに適応する人が電車やバスに乗車するのは、

通勤通学時間帯以外ですよね?


混雑時以外でも、杖ついたりしてるお年寄りが居たら、当然そちらが優先されるんですよね?

まーさーか、ママ友集団で、遠慮会釈無く大いばりで利用するのを世間が容認した訳じゃー有りませんよね?


先日、某老舗百貨店のEVに乗ってたら、途中ベビーカー押したおっ洒落ーな素敵なママが乗って来られて、

先に乗っていた男性客の皆さんが、モーゼの海のように左右に分かれ、ベビーカーとママさんの為に場所を空けて下さったんですよ。
(勿論ワタシも退きました)

で、次の階でママさんは降りて行かれたんですが、

ロングヘアを綺麗に巻いた、春色ピンクのワンピースのお綺麗な方でしたけど、




おーい、

「有り難うございます」と

「すみません」つー言葉を

何処に落っことして来たんだぁ?


というくらい、EV内の乗客に一言も一瞥も無く、
ベビーカー引きながら後ろ向きに平然と颯爽と降りて行かれました。


…残念。
(あの手の、アテクシは可愛いベビーちゃんを連れたか弱い守られて然るべき母親なのよ、先に乗っているお前達はお退がり!な、カン違いママがエイリアン2並みにざくざく量産されてんのかと思うと、このマークには今一賛同しかねる)
(車の「赤ちゃんが乗ってます」も同様)
(世間には「お互い様」という考えもございますが)
(先ず謙虚に という姿勢有りきではないかと)





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

Comment

私達が・・・
編集
私の娘も3才の子を連れて出かけることが多いようです。
やんちゃ坊主なので周りに気を遣って出かけるのは大変、といってました。

一応私も周りに迷惑かからないようにね、といいますが
そんな自己中のママ娘を育てたのは私達の年代なんですよね~
昔と価値観が違うし、育て方も違って、親の言うことなんて
対して聞き入れません。
最低の注意だけはしますが、それだってちゃんと理解してるんだか。
やはり道徳の授業って学校で復活して欲しい、って思いますね。
2014年03月27日(Thu) 09:38
難しいんですわ
編集
私も姑世代となりまして…
いや我が家のお子様は二人とも結婚願望はゼロですから私が姑になることは無いけど
付き合い上そうでしょ?ツンデレさん!と若い夫婦に言われたら…何にも言い返せません
子育ては大変、判る、判ります
けれど人付き合いとして
ありがとう、とかすみませんとか有っても良いと思う
それなら此方もどうぞと譲れる
買い物中に子どもがむずかるのは良く有ること
けれど良く有ることで放置すれば回りも何だあの親はとなる
反対にあやしたり、すみません煩くてと一言有れば回りも大変ね…となる

介護も一緒一言有れば頑張れる
無いとくそーとなる
本当に世の中難しい物です

2014年03月28日(Fri) 02:00
>みかんさま
編集
もー怪獣ですか?というようなお子さんも居ますし、
いやお母さん、落ち着いて…と言いたくなるようなお母さんも居られますし、
その一方で、ほーんとに微笑ましくて可愛い親子連れもお見かけするんですけどね。
取りあえず、先日、ベビーカーに踵引かれた恨みがあるので、暫くは良い感情持てません。
(「あーすいませーん」って、痛いんだよっっ!!て怒鳴れなかった自分が情けない)

コメント有り難うございました。
2014年03月28日(Fri) 23:37
>ツンデレさま
編集
日がな泣き叫んでる子供と一緒に居ると泣き声にも慣れちゃうんですかね。
食事してる店内に轟く声で赤さんが泣いてんのに、平気でママ友と「そうそうそーなんだよねー」ってくっちゃべってるのって、あれどーゆーんでしょう。

う・る・さ・いーって思いながら食事してたのワタシだけじゃなかったと思うんですけど。

コメント有り難うございました。
2014年03月28日(Fri) 23:41












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL