今日は菩提寺でお彼岸法要でした。

法要が始まると混雑するので、一足先にばば様の車椅子押して、お墓参りを済ませ、

参列する気、さらっさらなかったんだけど、若住職にお声掛け頂いちゃったもんだから、

じゃっくさんは法要開始時間に歯医者の予約入れちゃったので、

なし崩しに、オニヨメ代理出席して、

お願いしておいたお塔婆も受け取り、墓石後ろに立てて参りました。


その間、お彼岸ということで、

ご近所さんがじじ様にお線香あげに来て下さったり、

お世話になってるI川のおじさん夫婦が顔を出して下さったり、


ウチの真ん前の道路でガスの調査工事があって、さっきまで埋め戻しの凄い工事音が響いてたり、


なんかかやで忙しい一日でございました。
_ノフ○ グッタリ


えー、皆様ご期待の「国賓」は、ばば様のショート&じゃっくのカテアブ以来、とんと音沙汰がなく、

ワタシ的には宴会おさんどんがなくて大助かりですが、

ばば様は寂しいらしく、オニヨメが何かキツいコト言って、それを気にして遠慮して来ないんじゃないかと遠回しにちくちく言って来ます。
(面と向かって言った覚えは有りませんが)
(そういう雰囲気って伝わるモノだよ だそうです 笑)
(はーそーすかーなら仕方ありませんねー)

(あの方はともかく、あちらの家族の誰かがこのブログ読んでる可能性も充分有るし)
(であれば外面如菩薩内心如夜叉なオニヨメに嫌悪感抱かれるも当然)
(だけど、ばば様には悪いけど、じゃっくさん以外の人を家族と思うのはワタシには無理です)
(適正親戚距離くらいで勘弁してもらわんと)


は?

三連休?行楽地?Uターン?

何それ、美味しいの?(自虐)





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
POTE
Posted byPOTE

Comments 10

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/03/23 (Sun) 18:12 | EDIT | REPLY |   
ぽんぽこママ  
おつかれさまです

ばば様の邪推も、いかにも…って感じで苦笑いです。
どこの姑もみんな同じなんだなーって思います。

義姉様は、弟の見舞いより、うっかりしたら母親の面倒を押し付けられる!
って警戒されているのではないでしょうか?
ま、ほどほどの距離が一番ですよね

うちは、もうすぐ山車が出る祭りがあるのですが、
「あんたは他人だから来んでいい。」と言われるのか?
「来るのが当たり前」と言われるのか?
姑さんの気分次第で状況が変わるので、何も言わず、ひっそりと息を潜めております。

POTEさんの介護やお葬式の話、法事の話しを伺うと本当に頭が下がります。

同時に、何かにつけ「あんたは他人!」と言われている身で、
これから先、どうすりゃいいんだろうなぁ…って途方にくれてしまいます。

確か、舅姑共に六人くらい兄弟がいるはずですが、会ったことがあるのは、
双方の兄弟一人ずつです。

後は、お顔どころか名前も知りません。

年賀状は主人宛に来ますけどね。

やっぱり「他人」だからなのかなぁ

難しいです

2014/03/23 (Sun) 20:59 | EDIT | REPLY |   
×××  
ないわー

せっかくの連休に、一人でガンバってるんですか?
カワイそ過ぎる。
私には絶対ムリ。
実の子供さんの図々しいのにも呆れますが、自分の人生、もっと大事にした方がいいですよ。

2014/03/23 (Sun) 21:02 | EDIT | REPLY |   
みかん  
良くやってますわ

お舅様がなんて言おうと、POTEさんは嫁としてしっかり
やっておられるわ。
私だったら放り出しちゃうかもね。
何もしない国賓に一度丸投げしてみたいですね(笑)
何かの小説に、POTEさんと同じ立場の人がいて
下の世話もきちんとするけれど、娘にだけは同じことを
させられない、って小説を読んだことがあります。
国賓さんの場合も同じなんでしょうね。

ちなみに、私は母親の下の世話は何ともなくできましたが
父親の下の世話だけは今でも嫌なんですよ。

2014/03/24 (Mon) 09:46 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/03/24 (Mon) 22:08 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>3/23のgさま

初めましてPOTEと申します。
「娘が来るのよ、何だってしてやりたくなるのが普通でしょ」
アナタにとっては「愛娘」でも、ワタシにとっては「義姉」「コトメ」「国賓」ですっっ
自分の予定キャンセルしてまで、歓待準備に奔走してるのに、「ご苦労さん」「ごちそうさま」だけで片付けられると、段々何だかな〜という気がして来ます。

ヨメなんだから当然なんだそうです。
マヒで動けない自分の代わりにやってくれている とか、老いた母親の代わりにやってくれている とは思わないようです。
それどころか、気だての良いお姑さんだから、ワタシは幸せなんだそうです。
(ワタシが言ってんじゃなくて、そちらから言うわけね)

お褒めの言葉有り難うございます。
お母様のお世話、お疲れさまでございます。
無理せず、頑張らないように頑張って下さい。

コメント有り難うございました。

2014/03/25 (Tue) 14:22 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>ぽんぽこママさま

上手くいくのは全部娘(息子)のおかげで、上手くいかないのは何でもヨメのせい(笑)

先日の、じゃっくさんの入院と平行で行って頂いた10日ショート前日の暴言を受け、ヨメの顔なんか見たくもないそうなんで、あの方に事情をお話しして、なるべく多く面会に行って差し上げて下さいとお願いしましたら、1回来たっきりだったそうです(大笑)
確か、お仕事は正社員でもフルタイムでもなかった筈ですがねー。

実の娘ってそんなもんですかね。

コメント有り難うございました。

2014/03/25 (Tue) 14:23 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>×××さま

初めましてPOTEと申します。
ああ、そういえば連休でしたね〜。
それでも、今年は亡父の命日を覚えていられる余裕がありました。
去年は宴会準備と事後の片付けで幽体離脱して、気が付いたら命日過ぎてましたから。
ご心配有り難うございます。
決してワタシのやっていることが正しい訳でも唯一の方法である訳でもない。
当事者の数だけ選択肢が有ると思ってます。

コメント有り難うございました。

2014/03/25 (Tue) 14:24 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>みかんさま

いや、まさにその小説のまんまですよ。
あの子(実娘)は舅姑のシモの世話なんか出来ないと思ったから、手を尽して次男の人のところに縁付かせたって、ハッキリ本人(母親)が言ってます。
自分の娘にはさせたくないことを、他人の娘にはさせる訳ね〜と底意地悪いことを思っても口には出してません(笑)
有り難きは母の恩、恐るべきは姑の権威(とっくに形骸だけになってますけど)。

コメント有り難うございました。

2014/03/25 (Tue) 14:25 | EDIT | REPLY |   
POTE  
>3/24のTさま

連休もレジャーも、健常で、病人や高齢者抱えていない人達の為のものですね。
自分が寝付いてないだけマシと思うようにして居りますが、寝付いても居ないし金がない訳じゃない(いや、そんな溢れんばかりには持ってはいませんが)、無いのは自由だけという、蟄居閉門の残酷さを身を以て実感している最中です(大笑)。

ダンナさんとの旅行はもう何年も行ってませんし、ワタシ単独の一人旅も去年の1月を最後に何処へも行ってません。
通所に出かけてる合間を縫っての外出が唯一の息抜きです。
それを恵まれていると解釈すべきか、不自由と認識するべきなのか微妙なところですが、主介護者だけに犠牲を強いる介護家庭はやはり正しくはないと思います。

コメント有り難うございました。

2014/03/25 (Tue) 14:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply