在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

認定結果出ました

youkaigo4.png
YE━━━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━━━S!!

要介護4。
平成31年7月末まで有効。
(年号変わってそうだけどな)

正直喜んでいいのか微妙なところですが、

まあ、前回(去年)まさかのダウングレード(要介護2)食らって、

怒りに震えながら冷静に区の介護保険課に不服の電話を入れ、

ケアマネ、デイケア担当PT、かかりつけ往診ドクターに、

唯一の介護キーパーソンのヨメが10月に子宮ガン手術を控えている事実を訴え、

区分変更による再調査、

1ヶ月間訪看休止の後、めでたく要介護3げとした、あのすったもんだを思えばそらもー有難いことで。


今回の聞き取り調査では殊更レベルダウンを主張するまでもなく、

例の複数の言葉を覚え、違う話題の後、先ほどの言葉を言ってもらう認知テストでは、

あれ、後ろで聞いててもワタシ結構真剣に覚えてないと忘れちゃうんですが、これまで5つの言葉でも百発百中だった婆さまが、

今回、「3つ覚えてください」と言われ、(3つじゃ簡単に回答しちゃうだろ)と思ってましたら、

2つは答えられたんですが、3つ目が最後まで出なかった。







たった3つの短期記憶が保てない。
…そういうことなんだ。

確かに、整容能力は格段に低下、話していても内容と名称がちぐはぐ(元々天然だからっていっても、もうそういう笑い話レベルは遥かに超えてる)、こちらがダンナやケアマネと複数の案件を話してると中途半端に聞きかじって、誤った情報がインプットされると、何度訂正してももう修正不可で、誰も来ないのにトイレ我慢してるとか、妙に緊張して過ごしてるとか、ですから、誰も来ませんって何度も言ってますでしょーと言っても初めて聞くような態度(多分前のは忘れちゃうから「初めて聞く」んでしょう)。

送迎前も支度が済んでないのにベッドに横になって寛いでたり、1時間後なのに装具持ってこいだの上着どれだの言ってるし。


やはり婆さまにも衰えは着実に進行しており、自立項目は以前より格段に減少している。

ついに、故爺さまと同じ介護度に昇格か…

かかりつけ往診ドクターの意見書も大いに効果があったと思われ、心から感謝申し上げる次第です。
(*´∀人)ありがとうございます♪

お盆行事とショートが済んだら、月末には担当者会議。
オラオラ カカッテコ-イ!щ(`∀ ´ щ)




>7/6 20:44 拍手からコメ下さったTさま
続きでお返事させていただいております。






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
続きを読む