在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

今日はこれから

台風3号が上陸したようです。

進路上、及び被害警戒地域にお住いの方のご無事をお祈り申し上げます。

さて、昨日の婦人科診察も無事に済み、
(4月の内診、血液検査はいずれもクリア)

次回は10月。術後1年になるのでCTを撮ります。

Dr.ミツシマ(仮名)「10/4水、午前だと8:30受付になりますが、おいでになれますか?」

えーと、婆さまのデイサービス出発後じゃないと家を出られないので無理です。
(ショートは最終週に予約済み)

で、午後の予約でお願いしました。

術後2年は再発警戒期間だし、そもそも他のガンと違って、乳ガン・子宮ガンは寛解期間が10~20年と長期にわたるので、あってないようなもん。
(再発が先か寿命尽きるのが先か)
(冗談じゃなく、まぢでそんな感じよ)
(でも、普段はそんな素振りに見えないから(見せないから 笑)、知らない人も多いし、忘れてる人も多いし、もう治ったんだね、良かったねって言ってくださる人も多い)
(いちいち説明すんのも何だから、それで通しちゃってるけど)
(何年たっても再発の可能性があるって地味に恐怖だわさ)

さて、東京下町は日中は何とか天気持ちそうなので、これから婆さまの床屋。

まず、マキちゃんの都合が空いてるかどうかで(パーマの先約やマキちゃんが体調悪い場合もあるので)、空いてたら車椅子で連れて行きます。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝