頑張っているアナタヘ

報われることも少なく虚しい想いを抱え怒りと悲しみと憎悪に冒されともすれば黒々とした闇の領域に引き寄せられがちなアナタ(つか、それ俺や)に是非読んで頂きたい。私信: 特にiさんにこのマンガを贈りたい所存。「夜廻り猫」今宵もどこかで涙の匂い→■大変不遜で身の程知らずですが、ワタシも誰かの「夜回り猫」でありたいと、その方が直面し、泣き濡れている苦難を代わって差し上げることはできないけれど、吐き出すことで楽に...