WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 そこに自分の発病・実母との関わりという新たな局面が 荒野に俺は一人だけ(笑)
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年05月
ARCHIVE ≫ 2017年05月
      

≪ 前月 |  2017年05月  | 翌月 ≫

全てが必然というけれど

甥君・よめ子ちゃんのツインズに温かい祝福のお言葉、誠に有難うございました。

初産ではないとはいえ、
だからこその、7月に2歳になる、ママべったりの王子どーすんだとか、義姉上今度こそ最前線出征(笑)とか、
(王子産後にも数日泊まり込みで行ってたけど)
(よめ子ちゃんは体調も良かったこともあり、万事手際よく段取りよく、便利グッズも充分用意されてて、甥君もかなり協力的だったこともあって、「おばあちゃん」の必要場面はさほどなく、最後は猫と遊んでたとか)

しっかーし!
如何に万事ソツの無いよめ子ちゃんとはいえ、今回はそう簡単には行きますまい。
いや、そりゃ勿論行くことを願ってはおりますが〜。

現実問題、物理的に無理だろ。

爺婆さまダブルで看てて、おかしくなって心療内科行って問診したら、ドクター二人にかかったけれど、どちらのドクターにも「やってることが無理すぎ」って諭されたもんなー。
投薬以前に、まずどちらか一人を施設か他の親戚に預けるべきだって、手は2本しかないんだよって、ドクター以外にも相談する全方位の方々から強く説得されたっけ。
...( = =) トオイメ
それでも結局自宅看取り完遂してしまったアホなワタシ…


で、双子妊娠出産ですよ。

我が子とはいえ、二人だよ、何をするのも2倍だよ。
幸せなことも2倍だろうけど、少なくとも産後半年は、どー考えても大変さが相殺どころか上増しだろーよ。
双子に、プラスαまだママ離れできてない甘えん坊の2歳王子って、それもー、はー…

ワンオペの臨界点超えますって。

もーただただ心配でヤキモキしつつ、甥君宅の駅までの乗り換えやらグーグルで道順調べたりしております。
(いや、おまいには90の車椅子婆さま在宅介護っつー最優先事項があるやろ)

何しろ、二人ですからねー。
出産前は日にちが立つほどに、一人の時以上にお腹は大きくなるし、頻尿腰痛貧血等々母体の負担もかなりのものだし、
(子宮ガンの入院中も、お産で入って来られる方の中にはすごくお腹お大きい方もお見かけして、病棟廊下ですれ違うたび頑張れーって思ってた)
産後は産後で、多少役に立たなくても、腕の本数だけでも確保できれば、双子の一人を抱くとか、上の子の手を引くとかで助かるって場面あるじゃないですか。

ワタシ外出先で、一人でおぶい紐で赤ちゃん背負おうとなさってるママに思わず手伝いましょうかって声かけましたから。
あれ、後ろから押さえる手があるだけでも違うよね。
その時は固辞されて、ちゃんとお一人で背負われてたから、まあそうなればママは一人でどんな難局も乗り切れるものかもしれないけれど。

(だけど義姉上、今回は猫の相手どころじゃないすよ)
(出産前は管理入院でママと引き離された王子の泣き叫びに耐え)
(産後も状況次第では安静第一でママ退院許可となれば)
(とにかくママが安定するまでは、一切の家事を代行しなくては再入院のリスクすらある)
(多胎児出産はおめでたいだけでは済まない、そういうリスクを兼ねた一大大仕事なのだから)
(よめ子ちゃんの両親が既に他界されておられる以上、生まれてくる双子の唯一のおばあちゃんである義姉上の双肩に全責任がかかってくるとゆー恐怖の事態なんですが)

(ご本人の自負はともかく、親の介護も孫の世話もしないで終わるのかと思ったら、そうは問屋が卸さないというか、よりによってそんな難度の高い役回りが回ってきちゃって)
(あの方、大丈夫だろーか…汗)
(まあ、出来る出来ない以前に、やるしかないんですけどね)

もー、なんであんたたち、そんな神奈川なんて遠い方に家持っただに。

新宿まで出ればあとは私鉄で1時間程度だから、行けない距離ではないのだけれど。
おばちゃん、こっちを5時半に出れば、あんたたちの家に8時前に駆け込めるけどさー。
それには介護卒業してないことにはゲフンゲフン…

双子懐妊と聞いた途端、目に見えて鼻息荒く気力充実した大婆さまが「楽しみだねえ、嬉しいねえ、でも心配だねえ、皆で助け合わないとねえ」と毎日ワタシに詰め寄ってくるのはたぶん気のせい…


そういえば、今日は「こどもの日」なんですね。
全ての子どもの未来が光り輝くものでありますように。

うちの子供(60過ぎで老眼手放せない)は昨日のリビングのブラビア沈黙で、
楽しみにしていた連休のんびりリビングでテレビ見ながら、お菓子つまんで、うたた寝の夢破れ(笑)、
やけくそで庭の雑草取りしたら、もう腰と肩にきちゃって、早速膏薬貼って、2階のワタシ達の部屋のテレビ視てます。
(視られるテレビがあるだけマシぢゃね?)
(還暦弟が庭いじりでこの体たらくじゃあ、甥君ヘルプに出動する(かどうかは実はまだ不明)義姉上、週単位から月単位の仕事になるけど大丈夫かね)






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝