2017. 04. 20  
じじさま健在、つまりダブル要介護(二人とも車椅子 じさま要介護4ばさま要介護3)で、

ワンオペ在宅にオニヨメがひいひい言ってた頃、

初代ケアマネs氏と婆さまの会話で、ごく近いお身内の話題になった際、

婆さま「あの子も色々忙しい身なんでねえ」
ケアマネs氏「あちらの親御さんのこともあるでしょうからねえ」
婆さま「そうなんですよ。一応嫁ですから、あれも色々ねえ」

なーんてやりとりがあったのは承知しておりましたが、

その後、じじさまが体調を崩すことも増え、顔見るだけでも喜ぶから、もうちょっと頻繁に来て頂きたいんですけど とオニヨメうっかりs氏に零したところ、

s氏「あちらの親御さんのお世話もあるから、両方ってわけにはいかないんですよ」

などと、自分ばかり大変だと不平を言うなとばかり取りなされたんです


が、




…ちょっと待て、


そらー、関東近郊にご夫君実家があれば、そうでしょうけど、

この↓位置関係で、「義親の世話もあって大変」もないだろうよ。
ichi.jpg

甥君たちが小さかった頃は夏休みの度に一家で帰省してたこともあったようだけど、毎回交通費の出費が大変だって話も聞いてたし。

当時、既にご夫君父上だけが一人暮らししてたけど、何かあれば、関西在住のご夫君兄弟の方が駆けつけるのが距離的にも普通。

まあ、s氏もまさか、そういう地理的事情とは思っていなかったようで、説明したら絶句してた。

結局、婆さまが◯可愛さに、肝心のことボカした言い方するから、そういう誤解を生む。

あんなに親思い、弟思いの優しい子が訪問を躊躇う理由が婆さまには理解できないんだと思う。

だから、オニヨメが気難しくていちいちうるさいから、遠慮して足が遠のいたと解釈されてるらしい。
ま、当たらずとも遠からずですが〜

ええ、親思いで弟思いの優しい方だという点は大いに同意いたします。
でも、だからといって、オムツ変えたり、BenBen処理したりのハードルは越えられない、越えたくない、無意識のうちに全力で逃走される方です。

悪い方とはこれっぽっちも思っていません。
ただ、介護はできない。
それだけです。






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝
プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
婆さま(ダンナ母・90才要介護3 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9に95才で逝去 要介護4の車椅子)
子供なし
生来のずぼら・てけとー・スーダラ人間オニヨメにつき、こまめなレスや相互訪問を求められましても、お応えできぬ場合がしばしばございます。
基本きまぐれ更新、きまぐれコメレスの大雑把。
ここはそうゆうところなのね…と生温ーく受け入れて下さる方歓迎。

since2009.2.10

来て下さってありがとう
きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
ブロとも申請フォーム
最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QRコード