在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

それでも日常は滞りなく

婆様は元気です。
じゃっくさんは入学式撮影で忙しい毎日です。
ワタシもまあまあ元気にやっております。

POTE村家としては平穏無事な4月を迎えておりますが、

好事魔多し。

ワタシのごくごく近い人間によるトラブルの波及の気配があり、
当然、我が家の平和の為に鉄壁のガード死守の決意ですが、
もーどうして、いつまでもそんなことに煩わされなきゃならんのか。

考えるだけでうんざりしてます。

ホント、要らねーわ。




それはともかく、

今朝は10時に訪看リハビリ、午後に内科往診だけの予定だったのが、

急遽、訪問歯科のドクターから取材協力の要請があり、

訪看終了後の11時過ぎに、口腔ケア作業中の撮影取材に協力することに。
(別の患者さんで予定していたのが急な体調不良でキャンセルされたとか)


何しろ水曜のデイではお花見外出でお風呂パスになってしまったので、

訪看と内科ドクターだけならいいやろ…と呑気に構えていたんですが、

撮影スタッフも来るとなると、風呂はともかく(入れませんよ)頭だけでも洗っといたほうが良くないか?と、

ワタシから提案し、訪看が来る前に洗面所でシャンプー。

ドライヤーでふんわり仕上げて準備オーケー。


訪看リハビリと入れ違いに、

撮影は口腔ケアの格好だけでいいのかと思ってたら、いつも通りのドクター、歯科衛生士、コーディネーターに、カメラマン1と男性1女性1の3人の、総勢6名の来訪で、

歯科衛生士さんによる研磨洗浄とブラッシングのコースで、
(でも取材協力なので、治療費は無し)
随分枚数撮ってたけど、多分採用されるのは1~2枚だろ(笑)

ご協力ありがとうございました〜と皆さんが引き上げてから、

口腔ケアのポーズで済むかと思ったら、随分本格的にやっていきましたねーと呑気にくっちゃべりながら、冷蔵庫にあるものでお昼ご飯にしてたら、

「ひよっこ」の放送途中にチャイムが鳴らされ、

今度は誰ね?と応対したら、まさかの内科往診のN先生。

あ?あれ?(いつもは14:30位なのに?)

N医師「すいません、(午前の診察が)早く終わっちゃったんで来たんですけど、大丈夫ですか」

えー、えーと、大丈夫なんですけどー、いつもの和室じゃなくていいですか、リビングで、しかもテーブルの上、食べ散らかしてるんですけど構いませんかー。

という訳で、リビングに入って頂き、血圧取って、与薬の相談して、

N医師「お邪魔しました。さっさと帰ります」

いえいえ、そんな、かえってすみません。

夕方、精算と処方箋受け取りに行ったら、先月まで風邪と花粉症で満員だった待合が二人しかいなかった。
(内科の繁忙期一段落ですかね 笑)
そんな感じで忙しくしております。
強風向かい風でチャリで走るの難儀したわー。

介護者なんてさー。
落ち込んでる暇も無いもんですよねー。
(どこのお宅にも一人や二人、トラブルしか持ち込まない身内って居るもんだから)
(あ、居なきゃ居ないで、それで良いと思います)





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

拍手して下さるアナタに感謝