2015 / 01
≪ 2014 / 12 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2015 / 02 ≫

先週、ばば様をショートに送り出した後、

近所の婦人科に赴き、

若干、気になる事があったので、採血と子宮がん検査とエコー検査して頂き、

今日、検査結果聞いてきました。


血液検査は

CA72-4  1.6   6.9以下(基準範囲)
CA19-9  2   37以下(基準範囲)
CA125  18   35以下(基準範囲)

FSH 155.85   157.79以下(基準範囲)
E2  11   39以下(基準範囲)

子宮頸がん細胞診 陰性

で、めでたくセーフでございました。
ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!

ただし、

エコー検で確認された8×6の筋腫が邪魔で、体がんの細胞が取れてないので、

血液検査がオールクリアなので、まず大丈夫でしょうけれど、念のため半年後に再度受診。
ガンバ!o( ̄へ ̄o)


ま、ね。

食べ物の好き嫌いないから大丈夫とか、
よく動いてるから大丈夫とか、
ご先祖が守ってくれてるから大丈夫とか、
大事なヨメだから大丈夫とか、



(んな優しい御託が、なーーーんのアテにもなりゃしないってことは)

(実父の闘病でも、自分の治療でも、送ってきたがん友からも)

(身にしみて学習済み)





善意なのは分かりますが、現実から逃避して、その希望的観測に縋ることほど無責任で愚かなことは無く、

信じられるのは

正確な検査と信頼できる診断です。
( ̄ε=‥=з ̄) フンガー



えと、取り敢えず4月の乳腺外科の診察で、今回の婦人科検査結果(コピー頂けたので)を報告して、

これから半年の間に、また異常があったら、その段階で婦人科受診っと。
(要介護者の健康管理だけじゃなく、自分の身体も疎かにしちゃいけない主介護者)

皆様も、くれぐれも妙な過信に頼って、早期発見早期治療の契機をみすみす失うことの無きよう。
女は元気でなくっちゃね。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31