在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

苦闘の果てに

すみません、

なんかブログ村のランキング表示と新着記事表示がちょっとおかしいみたいなんですけど、
連休中だからかなー?

相変わらず我が家は、連休?何それ美味しいの?ってな感じですが(笑)

2分割連休も前半終了。
今日は風が強くてちょっと蒸し暑い東京下町で、ワタシは庭の雑草むしりしてました。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。
在宅介護には盆も正月も連休もありませんけど、まあ、どなた様も大禍無く穏やかにお過ごし下さい。


*****    *****    *****    *****     
  
 



先頃、目出たく(わは)在宅でお父様を見送り、介護完全卒業なさったpiccoさんのブログ→■で、
(どの記事だったか、コメだったか失念してしまいましたが 汗)

(piccoさーん、先日は突発首都圏オフありがとうございました♡)

訪看さんのアドバイスで、

「まず、慌てない。
 救急車は呼ばない。
 それ(救急搬送)をしたら、今までの在宅の頑張りがみんな無駄になる」

と言うのが有り、

自分なりに調べてみましたところ、

救急搬送し、病院に入ったが最後、

今流行の生前エンディングノートに、「治療はしない、疼痛除去だけ依頼、自然のまま死なせてくれ」

と書いてあっても、

病院側は「そんなの関係ねえ」
\(* ̄□\) ̄□\) ̄□\))))オォ~ット!!


いや、ちょっと乱暴な表現ですが、

先日のNHKスペシャルでも在宅かかりつけ医のDr.が仰っておられましたが、

基本、病院というところは「治療を行う場所」ですので、

そこに搬送してもらっておきながら、「治療するな」というのは、

食事する店に来て、食事は要らん、眠いから座敷で寝かせてくれと言ってるくらい傍迷惑な話でして、


仮に超高齢者、治療による回復の見込み無し で、

家族がエンディングノート示して、治療しなくて良いと主張し、

それを主治医が承知するということは、

下手すりゃ即退院、(或はとっとと出てってくれ とか)

エンディングノートに記載の本人意志に従って、積極的治療行為はしないとしても、

最低限の処置として、血圧と心拍数のモニタリングの為に測定パップ貼付、
酸素吸入マスク装着、
生理食塩水点滴、
尿管挿入 はされる(してくれる?)、


救急搬送途中で心停止や呼吸停止してるならまだしも、

救急搬送されたのに、家族や本人が希望したからと言って、それ鵜呑みにして治療せず死亡したら、

病院の対応としては倫理的にやはりこれは問題でしょう。

最悪、余計な外野親戚からの横やりで、放置死・過失致死扱いで警察介入、裁判沙汰で大騒ぎ。

挙げ句、風評被害で信用ガタ落ち、患者激減、病院の経営にも多大な被害が及ぼされるとなれば、

これは慎重に対応せざるを得ない訳で。


施設で深夜お母様が急死された(発見時呼吸停止)Mさんは、施設には感謝の気持ちだけしかないと訴えたのにも関わらず、

警察による施設スタッフへの事情聴取が随分長期間あったと伺っておりますし、(=n=;)ムムゥ

先頃介護卒業されたkさんに至っては、

入院中のお舅さんがいよいよ状態が思わしく無く、この上は自宅で最期をと決意され、かかりつけ往診医に自宅看取りの旨伝えたところ、

「それでは私は手を引かせて頂きますと」とあっさり退散、(; ̄Д ̄)なんじゃと?

その後、看取りまで担当して下さる新しい往診医を探すのにご苦労なさったということで。
(しかも、契約には主介護者であるKさんではなく、実子の、Kさんご主人に来てもらいたいと言われたと)
(ホントに嫁なんてねえ…)


まあ、治安・秩序の面から言っても、病院で、慣例に則った死亡宣告以外のケースは、「事件性」想定し、

綿密な「調査」によって、疑わしき要因を一つ一つ丁寧に排除して行く行うというのは、

正しい処理手続きかと思います。


そうならない為に、在宅看取りの場合、「何か有ったら、すぐ電話して欲しい」と

往診医、訪看、ケアマネ、ヘルパーさん達が繰り返し言われるのは、

極力、無駄な延命をせず、本人と家族の意向に添う看取りを行うには、

救急病院という医療施設は不適当だという事実。


しかしながら、それを知らない人はあまりにも多いですし、

同時に、自宅看取りの肉体的精神的感情的リスクについても、正しく理解していない方は更に多く、

感情的高揚感や意気込みだけで「看取る」と言いながら、

実際、土壇場になって、

目の前の親(義親)が苦しげに呻いている、
痙攣している
食事もとれない
水も飲めない
熱が下がらない
下痢が止まらない
下血している
痰が絡んで苦しそうにしている
褥瘡ができた
一気に痩せて来た
もう呼びかけても反応しない

そういう現実を目の当たりして、なおかつ何も出来ない自分に耐えきれず、

1時間おきに往診医に電話して、なんとかしてくれと泣きついたり、
結局、救急搬送してしまう場合もあるんじゃないでしょうか。

中には眠るように静かに、様子を見に行ったら穏やかに息を引き取っていたという場合もあるでしょうが、

最期の一連の流れを経なければ、人は死ねないのだと、

人を送るということは、ドラマや映画のように、麗しくも感動的でもなく、

排泄と体液と悪臭と、
死に瀕した人の「死相」を凝視し、
スポイトで水分を垂らし、
発熱した身体に触れ、
苦しげな息遣いを聞き、
命の火が消えて行くその状態を淡々と記録する。
(…やっぱりワタシは人非人の鬼嫁だったかもしれぬ)


そういった壮絶な場面に身を置き、旅立つ人と時間を共有することなのだと、

息が絶える、その一瞬を見届けると言う、希有で高尚で得難い経験の為に、

「介護」という前段階の作業があるのだと、

だから、本気で自宅看取りを決意したのであれば、
それまでの泣き笑い怒りに満ちた波乱の日々を無駄にしない為に、
最期の時間が始まったら、

慌てない

救急車は呼ばない

今出来ることを一つ一つやっていく


そうすれば、後は時間が解決します。


本当の最期の時間が始まったら、長くて日単位、下手をすれば分単位で事態が進行します。

出口の見えない長い真っ暗なトンネルだった介護の年数に比べれば、ジェットコースター並みの信じられないような早さと呆気無さで物事が進展します。

寿命が有れば、回復するだろうし、無ければ、後は血圧が下がり、意識が無くなり、呼吸が止まります。

「お迎え」という奴です。( = =)トオイメ...

次から次へと難問ハードルに立ち塞がられ、
何度もそれを乗り換え、
一つ乗り越えると、更に高いハードルが待っているという正しく介護無限地獄。
(/TДT)/あうぅ・・・・

しかし、そんな修羅場の果てに辿り着いた場所こそが、
あっちこっち繋がれることも無く、
ここに居たいと願った自宅で、
家族に見守られながら、
最期を迎えるということなんです。
ナクナヨ (o・_・)ノ”(ノ_<。)

ただ、その壮絶(じゃ無い場合も勿論有ります)な経緯に、誰もが平然と立ち会える筈も無く、

自分には難しいと思った人は、お年寄りだけでなく主介護者本人の為にも病院で看取られた方が良いと思います。

プロに委ねることは決して恥ずかしいことではなく、寧ろ、冷静に判断した場合、その方がベターな場合が多いと思います。

正規の資格を持った人達が24時間 三交代で丁寧に面倒看てくれるのと、
住み慣れた我が家で、家族(主介護者)が命すり減らして介護を全うするのと、

どちらにも利点が有り、どちらにも不備はある。
(例えば、病院・施設ならほぼ間違いなく湯灌してもらえます)
(うちの爺様は自宅看取りだったので、葬儀会社が清拭はしてくれましたが、湯灌は別料金だったのでパス)
(お綺麗ですから大丈夫ですよって言ってもらったし 笑)
(でも、お風呂大好きな人だったので、鬼嫁ちょっとだけ心残り 涙)



病院(施設)スタッフも誠心誠意対応して下さる筈です。



どちらを選ぶかは、その人次第です。

自宅看取りが偉い訳では決して有りません。
病院での最期が穏やかで心に残る別れの思い出となる場合も多数有ります。

どのような決断であっても、それは尊重されるべき立派な選択であると考えます。
ガンバ!o( ̄へ ̄o)





>5/1 19時に拍手からコメ下さったOさま
続きでお返事させて頂いております。





ランキング参加中
よろしければクリックを
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
拍手して下さるアナタに感謝
続きを読む
  次のページ >>