Categoryそぞろ歩き 1/26

背と行かむ 山の窪なるひとつ路に・2

翌日も道の駅 みなかみ水紀行館へ。前日休館日で涙を飲んだ、併設淡水魚館にリベンジで再度訪問。キャパは小ぶりな水族館でしたが、結構お客さんも入っていました。せめて8月だけでも無休にして頂けないですかー?水槽を覗き込むとこちらに寄って来るレッドテールキャット。人懐こくて、かわゆくて、ホントに猫みたいでした。水上から上牧に下り、県道265号線で川場村を目指す。上牧の人家がある辺りから脇道を上るとそのまま一気...

  •  0
  •  0

背と行かむ 山の窪なるひとつ路に・1

婆さまの発熱騒動で写真整理と推敲に手間取ってたら、東京下町は夏から一足飛びに10月の気温になったりするわ、某国が中距離弾道ミサイルを発射するわ、黒革の手帖女優が黒革の母子手帳手にすることになるわ で、何が起きるかわかりませんので、急ぎ夏の旅行記を書き上げました。タイトルは、わが行くは山の窪なるひとつ路冬日ひかりて氷たる道 若山牧水 の改変です(笑)8/22火前日、婆さまをショートに送り出し、じゃっくさん...

  •  2
  •  0

一人ご褒美

感情で無理を通し抜いた、17土の墓参・会食ミッションをクリアし、予想通り翌日18日は婆さま爆睡(昏睡?笑)、じゃっくさんは出勤、19月から婆さまショート出発、但し、同日午後車椅子のレンタルクッションが届いたりでワタシも身動きとれず、中部方面での大変魅力的な会合の予定は承知しつつ、17土の限界ミッションの反動で、ほぼ一日寝込んでますた…(折角外用車椅子積んでったのに)(車椅子乗らずに墓前に立とか言うしさー)...

  •  3
  •  0

北陸浪漫・4・完

翌日目覚めると外は小雨。早朝5時過ぎじゃ車もさほど通らない静かな繁華街から兼六園は1キロちょいなので、15分くらいの徒歩圏内。近江市場〜香林坊〜片町は普通に歩いて回れる範囲ですが、場所によって結構上り坂になりますのでそこだけ注意日傘兼用で持ってきた折傘が雨傘として大活躍。早朝は無料開放されてますが、有料でも310円なので、こんな天気のこんな時間帯に来る酔狂な観光客はワタシくらいかと思ったら、案外同好の方...

  •  4
  •  0

北陸浪漫・3

お店の隣の駐車場に咲いていたピエールドゥロンサール。今宵の晩餐は オステリアアルベロ →■オープンキッチンに設えてあるカミーノ(イタリアの炉、窯の意)で調理する炭火焼の肉料理をはじめ、ヴェネト州ヴィチェンツァでの経験を原点に繰り出される力強い品々と、とことんイタリア産にこだわったワインは、食い道楽な大人たちからの支持も厚い。なかなか予約が取れない店と聞いていたので、切符の手配ができた時点で予約してお...

  •  0
  •  0