WINDING ROAD

在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)


婆さま的おかめ

  1. 2018/01/21(日) 21:18:01_
  2. 婆様
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
20土のデイサービスで、

節分に先立って、鬼とおかめのお面の塗り絵をしたそうで、

普通おかめさんてこう言うお顔ですが、
     okame.png

婆さまはおでこの麻呂マユが眉毛と思わず、

面白い形の眉毛ねえ〜とおかめさんのタレ目を黒で塗りつぶし、

目が無いわ、しょうがないから書いちゃおう と、
まつ毛つきの目を書き足して、

多分↓こんな感じのおかめさんを仕上げたようなんですが、
okame2.png
婆さまの話を元に再現。

まあ、これはこれでアリなんじゃないかと(ゆりやんレト◯ィバァみたいで意外と可愛いし 笑)

で、デイから帰宅して上着脱ぐのを手伝いながら、その顛末を聞き、
帰りの車の中で、自分がマユだと思って塗りつぶしたのは目だと気付いたらしい。

一寝入りした後、夕食食べながら、また同じ話を拝聴し、
(帰宅直後に話したことはもう覚えてない)

今日21(日)の朝と昼は無かったんですが、

先ほどの夕食後に、「そういえば昨日塗り絵をしてね」と、三たび同じ話を拝聴する。








もう、慣れっこになっている高齢者お得意のリピートークですが、

さて、あと何回拝聴することになるか。
勿論、それ、もう聞きました はご法度なので、毎回大げさにならない程度にへえーとかそうなのー?とか相槌打って聴いてます、うぷぷぷぷ。





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
2018_01_21  [ 編集 ]

経過報告と16personalities

  1. 2018/01/12(金) 20:15:04_
  2. 婆様
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
本当でしたら、

明日13土にデイサービス、14日に荷造りして、15月から4泊ショート の予定だったんですが、


咳で一晩中眠れなかった。
こんな有様じゃ、あそこ(ショートステイ)には行かれない。

とか、

「行かなくて良いですよ」って言って貰いたくてウズウズしとる。

行きたくないのねー。うちにずっと居て、無愛想だけど使い勝手のいいヨメに世話されてお家でぬくぬくしてたいのねー。

だけど、ワタシにとっても久しぶりの休暇です。
正月休みは、元旦宴会は回避しましたけど、あれがワタシの休みだったとは思えません。
三食作って、買い物行って洗濯して掃除して、ポータブルトイレセットして、与薬して、着替え出して、普段と何ら変わらない主婦業です。
しかも、7日の宴会は相変わらず全員集合だったじゃないですかー!


で、



検温は37.5~36.8の間を行ったり来たり、食欲は有るし、呼吸器系の炎症くらいで関節痛も無さそうだし、

定例往診日だったN内科ドクターの診察で、インフルの可能性は低いと診て、まず抗生剤ジスロマックと去痰薬ムコダイン処方。
これで効果無かったり、高熱に移行したら再度往診で、その時はインフル検査。
ワクチンは済んでるけど、100%安全じゃないし。
4年前はワクチン虚しく、よりによって年末に発熱されて、年末休みに入ってるドクターに無理言って往診してもらったけ。
よめ子ちゃんのお腹にひ孫王子が居たもんだから、即日、正月の宴会中止で、カニやら寿司やら茶菓子やらのキャンセルが大変だったよ(結局キャンセル出来たのは寿司だけだった)。

明日のデイは休みにして、

ジスロマックの効力に一縷の望みを託しつつ、

最悪、ショートキャンセルになったら、

17水のデイと、19金の訪看、訪問歯科でスケジュール組み直し と言うことで、


祈るような思いで、婆さまの便付着で汚れたリハパン片付け、着替えを繰り返してます。。。
便も緩くなってるところに、咳で身体が跳ね上がるもんだから、その拍子に出ちゃうらしい。
車いす移乗くらいは動ける人なんで、お股の隙間からパッド超えてリハパンに沁みちゃうから、その都度下だけ全交換になる。


まあ、もう、そういう時の洗浄清拭も慣れたもんだから。
爺さまの時も、一日中BenBen攻撃と汚れ物と格闘してたよ。
介護手袋もトイレットペーパーもウエットティッシュもすごい勢いで無くなってたっけ。
( = =)トオイメ...


おシモ仕事ばかりで暇なので(笑)、↓こんなんやってみた。
無料性格診断テスト 16personalities

ワタシ、「擁護者」だそうです。





…ふーん…(。´Д⊂)




>拍手からコメくださったTさま

続きでお返事させて頂いております。




ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
2018_01_12  [ 編集 ]

本人管理の限界

  1. 2017/12/17(日) 11:13:03_
  2. 婆様
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
婆さまが利用して居るショートステイ施設は、

服薬に関しては日付・氏名・服薬時間を書いたチャック付きポリ袋に仕分けし預ける事になっていますが、

便秘緩和の重カマと鎮痛剤のロキソニンに関しては休薬したり続けて飲んだり、頓服調整することがあるので、

血圧降下のワーファリンや痰を出し易くするムコソレートといった食後服用の分は施設預けにして、

カマとロキソは「本人管理 本人が判断し調整して服用する」という形でさせて頂いていたのです


が、


今回、12/15月〜18金なので、ロキソ4錠カマ6包を持たせたところ、

帰宅後の連絡票に「最終夜にロキソニンを紛失されたと言われ、室内を探しましたが見つかりませんでした」とあったので、

POTE「ロキソ、無くしちゃったんですか」

婆さま「そうなの。最初の夜飲んだだけで、後のはどこ探しても見つからなくて、職員さんもベッドから部屋の隅々まで探してくれたんだけど何処にも無くてね」

ん?最初の夜?てことは、4錠持って行って、3錠飲んで最後の一つ無くしたんじゃなくて、1錠飲んで残りの3錠無くしたってことですか?
(;・∀・)ハッ?

連絡票の内容と違っているけど、まあそれはよろし。

しかし、4のうち1しか飲んでなくて無くしちゃうとなるとなー。

本人管理も怪しいってことでー。
 (´・ω・`)


効き目が実感できない場合もあるから、本人管理分は2錠程度にして、

他の薬同様、服薬仕分け袋に一包しちゃった方が、就寝前にスタッフが持って来てくれるから確実だよねー。

誰でも入れる部屋だから、盗難とかー、うっかりティッシュに包んでそのままゴミ箱に入れちゃったとか、それとも自分で何処かにしまいこんで忘れてるとかー。

婆さま「(憤然と)そんな筈無いわよ。薬入れるポーチは決めてあって、自分でも職員のお姉さんも何度も見て、逆さに振ったけど出て来なかったんだから」

だって、薬は足生えて自分で動かないんですから、誰かが取ったか捨てたか見つけられないかしかないじゃないですかー。

と言いながら、荷物解いてました



ら、




着替えやら洗面具やらを入れるどでかスポーツバッグの他に、本人が手元で使用したい目薬や一筆箋、飴や楊枝をまとめたミニバッグ(薬専用ポーチとは別)があるんですが、

そのミニバッグの外側にビニールの透明ポケットがありまして、

飴と楊枝に混ざって、見覚えのある薬の銀色シートが。
(>_[・])ロックオン!



おいおいおいおいおいーと取り出してみれば、

1錠だけ押し出され、3錠残ったロキソニンシートが出現。
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-


誰ですかー。だーれーでーすーかー。
ここに、ロキソニン入れた人ー。
( ̄曲 ̄)



婆さま「(照れ隠しに笑いながら)きっと薬に足が生えて自分で入ったんだよ」


なーにー。
ヾ(*`Д´*)ノ"彡



取り敢えず、車椅子で仏壇前に連れて行って、ヘッドロックで締めておきました。
やっぱり、本人管理はもう無理だなー。






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
2017_12_17  [ 編集 ]

「今だけ言わせて」

  1. 2017/12/11(月) 16:25:59_
  2. 婆様
  3. _ tb:0
  4. _ comment:8
歯を食いしばり、物凄い形相の婆さまが、

「こんなに長生きするのが悪いんだ!
早く死んじゃえば良い。
死んじゃいたい、死んじゃいたい、
今すぐ死んじゃえば良いんだ!!」
(ノ `Д´)ノゴルァァァ!!!!

(⊙д⊙ )ポカーン


それは今朝、

あと5~10分でショートステイの迎えが来ようという時、

ベッドに腰掛けた婆さまの前にしゃがんで、麻痺の左足に装具を着けようとしたワタシが、

曲げると右膝に痛みがあるので、膝の屈伸運動のように右だけ伸ばしてじゃがんだところ、

その格好は何かと問われ、

膝が痛いんですよ、ワタシも孫がいる(自分の孫じゃないけど)年頃ですから、あっちこっち痛んで大変なんです

と応じたら、いきなり婆さまの表情が強張り、前述の怒号が発せられ、



??? 何です?どうしたの?と面喰らってたら、


婆さま「今だけ言わせて。本当は泊りになんか行きたくないの。でも、向こうで言ったら、また大騒ぎになって、腫れ物触るようにされちゃうから言えないから、今ここで言っておくの」







今、
ここで、
わざわざワタシに向かって?
王様の耳はロバの耳ーって?


そーすかー。まあ、別に良いですけどね。

息子は仕事が忙しくて、同じ家に住んでるのに殆ど顔も見ないし、
娘は双子の孫のお世話手伝いで9月から音信不通だし、
赤ん坊は11月に生まれたばかりだから、今年の正月はまだ会えない(だろう)し、
近所のお友達は皆、自分で歩けないか、歩けても認知症が進んで会話も出来ないか、どこか遠くへ(子供の家・施設・病院・天国)行ってしまったかで、誰とも会えないし。

あれもこれも我慢我慢我慢ばかりで本当に情けない。

こんなことならさっさと死んでしまった方がどんなに楽なことか てなところでしょうか。

夕食後、誕生祝いにローソンのショートケーキ出したら、ぺろっと平らげてたし、当分お迎えは来なさそうなので、
その辺りは気の毒だとは思いますがー。

言わずに居れない不満憤懣をお行儀よく胸の底に秘し隠したままで居る苦しさはよく分かりますから。

ワタシにだって言いたい本音は山のように有りますけどね。
河川陸橋の下まで行って、電車の通過に合わせて悪口雑言喚いてたクチ。


取り敢えず、いつもの明るい看護師さんと優しい運転手さんが迎えに来てくださいましたので、滞りなくショート出発。

婆さまの和室のカーテン洗って、
和室の窓洗って、
リビング窓のグリーンカーテンのゴーヤとフウセンカヅラ処分して、
月下美人(サボテン)の防風マルチングして、
2階の物干しベランダ窓のカーテン洗ったところで、力尽きた。

明日はリビングとワタシ達の寝室のカーテンに着手 できると良いなー…
今日の東京下町は温くて動き易かったんだけど、明日はめっさ寒いらすい。






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
2017_12_11  [ 編集 ]

もうそれで良いかー

  1. 2017/11/19(日) 16:35:23_
  2. 婆様
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
以前はショートやデイの送迎車の乗降の前後、

横介助で、4点杖使用で自力歩行していた婆様ですが、

風邪引きやら何やらで、だいぶ歩行が怪しくなり、行きの玄関前階段を降りるのはどうにか出来ても、

帰宅時階段(たったの4段)が上がれなくなり、
掛け声だけは元気良くても、殆ど横介助のスタッフさんに担ぎ上げられてる状態

↓故じじ様の時もずいぶんお世話になった、段スロープをレンタル。
kurumaisukaijo.jpg
とにかく階段部分だけでも車椅子で上げてしまえば、後はヨメ一人で室内車椅子に移乗させるのも、段スロープ畳むのも出来ますので、

帰宅時に限り、段スロープ&車椅子で上げて頂いてます。
時短効果は明瞭。うちの前って下町にありがちなすり抜けできない狭い一通で、送迎時2~3台後続車止めちゃうのあるあるだし、事情が分からない人からクラクション鳴らされて嫌な思いすることも多かったので、もっと早く借りても良かったかも。


で、

玄関に入ってから、外用車椅子から両手介助で立ち上がらせて、90度回転して、玄関廊下に置いてある室内用車椅子に移乗してもらうんですが、

全体重預けられたりするので、結構真剣なんですが、
間違ってもつっかけサンダルじゃダメで、必ずスニーカー履きとかで足元しっかりホールドしないとプラス6キロの要介護者支える時、危ないの。

それが昨日のデイ帰宅時、バカに立ち上がりも身軽で、室内車椅子移乗も体幹がしっかりしててブレない安定感があって、ワタシかなりやり易かった。

POTE「今日、リハビリ体操でもしてました?何か凄く軽くていい感じでしたよ」

婆さま「(嬉しそうに)今日はねえ、ボール射的でいっぱい運動したし、テーブルにつかまって立ち上がり運動も沢山してきたから、それが良かったのかしら」

ああ、楽しくゲームしながら気がついたら身体をいっぱい動かしてたって良いですねえ。

婆さま「私達、跳ねたり走ったり出来ないけど、あの、捕まってしゃがんだり立ったりする運動ってすごく良いんですってよ、ほら、なんて言ったっけ。そうそう、

スクラップ!」

(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり







squat ですがなー
scrap どないしますのん

と思ったけど、もー良いかー


ただ、外で「スクラップ、良いわよ」とか言うとマズイので、後で訂正はしておきましたが、それでもまだ「スクラップ、スクラップ」って言ってますわ。
一度インプットされてしまうと修正できない高齢者(笑)






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
2017_11_19  [ 編集 ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



プロフィール

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

来て下さってありがとう

きっといいことありますように にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ

ブロとも申請フォーム

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

月別アーカイブ

カウンター

« 2018 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

QRコード

QRコード