在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

もうそれで良いかー

以前はショートやデイの送迎車の乗降の前後、

横介助で、4点杖使用で自力歩行していた婆様ですが、

風邪引きやら何やらで、だいぶ歩行が怪しくなり、行きの玄関前階段を降りるのはどうにか出来ても、

帰宅時階段(たったの4段)が上がれなくなり、
掛け声だけは元気良くても、殆ど横介助のスタッフさんに担ぎ上げられてる状態

↓故じじ様の時もずいぶんお世話になった、段スロープをレンタル。
kurumaisukaijo.jpg
とにかく階段部分だけでも車椅子で上げてしまえば、後はヨメ一人で室内車椅子に移乗させるのも、段スロープ畳むのも出来ますので、

帰宅時に限り、段スロープ&車椅子で上げて頂いてます。
時短効果は明瞭。うちの前って下町にありがちなすり抜けできない狭い一通で、送迎時2~3台後続車止めちゃうのあるあるだし、事情が分からない人からクラクション鳴らされて嫌な思いすることも多かったので、もっと早く借りても良かったかも。


で、

玄関に入ってから、外用車椅子から両手介助で立ち上がらせて、90度回転して、玄関廊下に置いてある室内用車椅子に移乗してもらうんですが、

全体重預けられたりするので、結構真剣なんですが、
間違ってもつっかけサンダルじゃダメで、必ずスニーカー履きとかで足元しっかりホールドしないとプラス6キロの要介護者支える時、危ないの。

それが昨日のデイ帰宅時、バカに立ち上がりも身軽で、室内車椅子移乗も体幹がしっかりしててブレない安定感があって、ワタシかなりやり易かった。

POTE「今日、リハビリ体操でもしてました?何か凄く軽くていい感じでしたよ」

婆さま「(嬉しそうに)今日はねえ、ボール射的でいっぱい運動したし、テーブルにつかまって立ち上がり運動も沢山してきたから、それが良かったのかしら」

ああ、楽しくゲームしながら気がついたら身体をいっぱい動かしてたって良いですねえ。

婆さま「私達、跳ねたり走ったり出来ないけど、あの、捕まってしゃがんだり立ったりする運動ってすごく良いんですってよ、ほら、なんて言ったっけ。そうそう、

スクラップ!」

(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり







squat ですがなー
scrap どないしますのん

と思ったけど、もー良いかー


ただ、外で「スクラップ、良いわよ」とか言うとマズイので、後で訂正はしておきましたが、それでもまだ「スクラップ、スクラップ」って言ってますわ。
一度インプットされてしまうと修正できない高齢者(笑)






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

あいちゃん てどんな人

今朝、朝食をとりながら徐ろに、

婆さま「あいちゃんって、誰?」

は?あいちゃん?どこのあいちゃんですか?

婆さま「あいちゃんがノーベル賞を取ったって言ってるじゃない?」






…はい、皆様もうお気づきですね。


えーと、それは「あいちゃん」じゃなくてですねー。

「アイキャン(ICAN)」と言いまして、

スイスのジュネーブに本部を置く、核兵器の非合法化と廃絶を目指す国際NGO団体の名称で、

今年の核兵器禁止条約成立に貢献した「核兵器廃絶国際キャンペーン」が評価されて、

その団体が今年のノーベル平和賞に選ばれた というニュースでして、

日本でも広島や長崎で被爆された方が参加して核廃絶の運動を続けているので、時々ニュース映像でその人たちのインタビュー映像が出てますけど、

あの方達の誰かが「あいちゃん」なのではありません。

婆さま「…ふーん…」

とりあえず人名じゃないことは理解してくれたみたいですけど、もう目玉焼き食べるのに集中してたので、
また夕方にでも同じような質問が繰り返されるんじゃないかと期待してます(5回10回は当たり前 笑)






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

Benがとっても緩いから

お下ネタですので、

大丈夫な方だけ続きからどうぞ。






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
続きを読む

無邪気に踏み抜く地雷哉

我々夫婦には子供が居ませんので、

享保の頃から繋がる菩提寺の墓(代々の墓石の他にも古い墓石(古過ぎてお名前も読めませんが、連名なので夫婦か親子)や石仏(半跏思惟像が彫られてる)さんが並んでる)は、

いずれ継ぐ人が居なくなります。

婆さまとじゃっくさんは今のお墓に入るでしょうから、そこまではいいとして、

その後は相応のものをお支払いして永代供養をお願いし、

永代供養ったって未来永劫って意味じゃありませんから、何十年か後には菩提寺に処分して頂いて、

今うちが借用してる墓所は更地になって、平成の次の次の年号あたりで次のお施主さんが購入(つーても住居不動産と違って、あくまで権利は寺側で、施主は借用権)っつー流れかなー。

でもその頃にはワタシ生きてないし、とにかく婆さま無事送り出してからじゃ無いと墓の行く末なんて到底考えられないしー。

なんて、ざっくり考えておったのです


がー、



爺婆さまの孫は嫁いだ長女の方にしかいないので、直系の墓守子孫が絶えることはもうかなり以前からはっきりし、「どうする?」「いや、どうしようもないねえ」程度の話題に上がっており、

婆さまも心配しているのは承知してましたが、


昨日、唐突に、


婆さま「うちの墓は義姉子の家に引き継いでもらって、孫息子達に守っていってもらいたい」










は い ?



そうすれば、後顧の憂いなく、死んでいける という婆さまの気持ちもわからないではないです がー、


祭祀財産を引き継いだ相続人は、今後お墓の管理をしたり、法要を営んだりすることになり、その費用全般は、当然ながら引き継いだ相続人が負担する訳で、

爺さま逝去の時点でじゃっくさんが相続した中に祭祀財産も含まれてますので、実現可能な流れとしてはじゃっくさん→義姉上だけど、現時点で60代の人達より年齢的に若い長男の甥くん(或は姪ちゃん だけど今後結婚したらどうなるか)に任せる方が話がスムーズに行きそうですが、
義姉上の夫さんは血筋的にはワタシ同様他人なので、実質はともかく相続資格はありません

墓の管理を甥くんに負わせんですか?

もうすぐ姫ツインズが生まれようってのに?(勿論、相続云々は婆さま昇天後の話だけど)

これから幾らでも金も手も掛かろうってのに?(勿論、ゆくゆくはって話だけど)

そうすれば甥くんも王子もいつでも墓参りに来てくれるから?(そこが婆さま的には一番の肝なんだろうけど)


義姉上夫氏がどう思うか。

(お爺ちゃんも私も入ってるんだし)
(新しく墓買わずに済むし)
(来慣れた場所だし)
(八方うまくいく妙案でしょう)
と思ってるみたいなん です がー、

義姉上夫氏が、爺婆さまが昇天した後も繋がりが持てる、良かった良かったとお喜びになるか(婆さまはこれ一押し)、
墓くらい自分の自由にしたかったのに、結局未来永劫面倒見続けなきゃならないのかーとこっそり嘆息するのか、

どっちだろ?


まあ、ワタシはじゃっくさんの配偶者というだけの同居している他人ですし、
いつまで健康で生きていられるかもわかりませんし、
あっさり墓終いするより、なんとか守っていってもらいたいお気持ちも理解できますし、

ワタシがこの件に介入する資格はどこにも無いんですが、
本音を言えば、不愉快です。
ワタシの心根が狭量で捻くれて腐ってるだけですが

婆さま送ったら、夫婦水入らずの生活に、墓終いも済ませて身軽になって、どこか遠方の施設でひっそり死にたかったのに、

義姉上家が引き継いだら、延々付き合いが続く訳でしょ?


婆さま「義姉子の家の者が居たら、アンタだって色々助けてもらえるよ」
…助ける?あの人達が?ワタシを?

とーてーもーそんな気の利いた人たちとは思えません。今までだって、スタジアム観客席から旗振ったりお花投げ入れるくらいで、決してグラウンドに降りて一緒にプレーしなかったんだから。

なんで、そーゆーお目出度い楽観予想ができるかなー。

実親の尻も拭かない人の子供ですよ。
そりゃ、金や貴金属泥するような手癖の悪さは無いけれど、してもらうことは当たり前(お礼は言うけど)、するべきことには遠慮がち(いや、そこ積極的にしなさいって)なあの子達の世話になるくらいなら断固公的支援を選びます。

それにこれからの時代、自分の家族養っていくのだって大変な時代に、義理叔母のことなんか構ってられませんよ。
我々、墓に入る側の人間は極力断捨離断行して、身軽に、身一つになって死んでかないと、後の人達が本当に困るんです。

…とは、言ってません。



正直、義姉上の家に墓を引き継いで頂くなら、いずれ〜なんて悠長なこと言ってないで、

さっさと生きてる婆さまごと、今すぐ、
ぜーーーーーーーーーーーんぶ引き継いで頂いとうございますっっ!!!


そしたらとーぜん、ワタクシ御暇頂戴。

これまでの労働に見合う費用清算して頂いて、身軽な老後を悠々自適に過ごさせて頂きますから、

後はせいぜいお身内で、仲良く麗しくお暮らしくださいませませ。







ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

ボタンを篏めたがる

うちの婆さまは脳梗塞後遺症による左半身麻痺で、
四肢の末端が冷え易く、
夏でもももひきとフワモコハイソックスと膝掛けが手放せない人ですが、

カットソー中着の上に着るベストやカーディガン、シャツブラウス、薄コートに至るまで、
とにかく前を閉じて(ボタン篏めたり、ファスナー閉じたり)着るのが好きな人です。

しかし、発病から7年。
筋肉低下は如何ともし難く、其れに伴い贅肉は加速度的に増量し、
かつて、「体重40キロになるのが夢」言っていたのが、今や55~56というおそるべきジャバ・ザ・ハット状態で、
知らない人はググって頂戴

当然、発病以前の手持ちの服(Mサイズ)は入らず、L~LL、場合によっては3L或いはLLスラックスに10センチゴム追加とかしているわけで、

それでも、最近は前開きでおしゃれに着こなすのが主流なので、
衣服購入担当者としては↓こーゆー感じで着こなして欲しいのです
kikonasi.jpg(参考写真)
素敵でしょ?




なーのーにー、





気がつくと、こーゆー着方しとるよ、ジャバ・ザ・ハット。
kikonasi2.png(参考写真)





…パッツンパッツンじゃないすか…
そのうちボタン飛びますって。


前開けた方が楽だし、かっこいいと思うんだけどなー。
前が開いてると、だらしない印象があるらしい

いや、無理やり着てる感の方がよほどNGだと思うんですけどね。






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
  次のページ >>