2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

8/21月〜24金のショート中、2度の車椅子から転落(着座損なったずり落ち)し、

旅行中のヨメのケータイに速報が来て、その都度飛び上がる思いをさせられ、

8/24金に帰宅したら、マスク、咳、ヨレヨレ、発熱38℃の有り様にびっくらこいて、

その日のうちに、かかりつけ往診医の医院に駆け込み、抗生剤処方して頂いて、

幸い、翌日平熱に治り、

25土のデイはお休みに休養に充てたものの、

ずっと楽しみにしていた26日の夏祭りは強行出席、予想に反して楽しく過ごし、「笑って笑って疲れちゃった」とご機嫌で、
ボランティアのピエロさんや、スタッフ即興の歌って踊るコントが傑作だったらしい

その後も体調は落ち着いて居るようで、今回は何とか大事に至らず済んだかと思ってました


ら、


とにかく9月に入ってから、寒いわ暑いわ、気温が極端すぎて、

着るものが秋物になったり夏物になったり、電気式毛布つけたりエアコン冷房したり忙しいです。


そうなると温度変化についていけない体調不良の高齢者があっちにもこっちにもいて、

独居の方だったり、同居家族が居ても同居してるだけで一切ノータッチの方もおられるわけで、
室内すごくて足踏みいれるのに勇気が要るんだって
まあ、そういう方はそうなるだけの理由も事情も経緯もあるんだろうて

デイの利用者さんも熱があってソファで横になってたり、婆さまの席の周りでも咳だくしゃみだ鼻水だ〜な人ばっかりだったそうなんですが、

どうも、どこかでもらったらしく、
うん、リスクはあるよね

7木に(最高24最低22 日中小雨)「今日は寒いねえ」とか言ってて、そう?前日の6水の方が最高22℃までしかなくて寒かったけどなーなんて思ってましたら、

9金から痰絡みが始まって、ティッシュ使う使う。

ただ、熱を測ると最初に測った昼食後に37℃が1回あっただけで、

その後は2時間おきに19時まで取りましたが、36.4~9で平熱。

食事も普通に自立で摂れてますし、食事のスピードも通常、水分もよく摂れてます。

寒気もないし、喉の痛みも無し。

咳があると言うよりは絡んだ痰を出そうとして咳き込んで居るだけなので、







発熱してれば、かかりつけのNドクターに相談するけど、平熱で痰が多く出てるくらいじゃあ、

去痰対応くらいしかすること無し。

で、

手持ちのムコダイン250と500があったので、
前回発熱時と1月の時に処方された分
多めにもらったけど、症状無くなったので飲み残ってた



ワタシの判断で、元々常用してるムコソルバン(1日1回服用)に加え、ムコダイン250(500を半分に割って服用した場合もあり)を3食後服用で土日を凌ぎ、

症状に応じて、週明けNドクターに相談し、更に薬の処方をするか、考える。

ただ、咳(喀痰の為)がしぶとく続くので、婆さまはデイに行って周りに嫌がられるのを心配してか、

婆さま「看護師さんに「ちゃんと治してから来てね」と言われた」などと言いだし(はあ?)、デイ行きを渋っていましたが、


いやいやいや、そんな言い方されてないやろ。

せいぜい、「POTE村婆さん、早く良くなって、元気になって来られるといいね」

くらいぢゃね?

大体、家にいるとどうしても横になってる時間が多いから、寝た体勢だと咳って更に出易いじゃないですか。

だったら、デイ参加で椅子にかけて、身体縦にしてる時間を長く持った方が絶対良いですって。

昔、それで安静にしすぎて半月近くデイ休まれて、ワタシ大変だったすよ。

今回は3日間熱計ってるけど、全部平熱だし、

昨日、I川の叔父さん夫婦が急に顔出してくださった時だって、
今回もお菓子やら果物やら山のように頂戴して、1時間でお帰りになられました。
ちゃんと起き上がって、元気よくおじちゃんおばちゃんとお喋りしてたじゃないですか。

大丈夫、行けます。つか、行ってくれ。
今日のお風呂は入れないと、次回水曜まで空いちゃう。
まだ数日蒸し暑いみたいだし、さっぱりした方が気分もいいすよ。

今日のレクはヨガだし、せいぜい固まった筋伸ばして来てください。

で、送り出しました。
ε-(;ーωーA フゥ…





ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

25金のショートからの帰宅時、

マスク、声枯れ、ヨレヨレ(普段以上に玄関前の4段階段上がれなくて往生したわ〜)、

連絡票にも「風邪症状あり」とあるものの、

オニヨメがビックラこいたのは検温したら、38℃超えという。
念の為、ベッドに入れてから20分後検温しても 38.3℃。
90の高齢者にこの高い発熱は危機レベル「中」
39℃超えたら救急車だしょ。


脱兎の如く、かかりつけのN医院にチャリで駆け込み、

いつもの(何度救われたことか)抗生剤ジスロマック処方して頂き、

この薬は婆さまに合っているらしく、

服用したその日はまだ37℃台だったものの、翌朝36.5℃。
帰宅した夜はそらもー姿勢保持もできず、ぐにゃぐにゃで着替えもポータブルからベッド移譲もすぐ倒れかかっちゃうので、ワタクシ往生しますた。

寝しなに37℃に上がったものの、咳き込みで身体が跳ね上がることもなく、基本36℃台で落ち着いているので、
翌日は一人でトイレにも行き、ベッドにも戻れてる。
下衣が半ケツ〜全ケツ状態なのはこの際スルー。



昨日、デイのリーダーさんとも相談し、夏祭り出席敢行。

本人が一番楽しみにしていたイベントで、来ていく服まで決めていたくらいなので、
ピンクベージュの柄なんですけど、写真映りが良いそうです。
もう90過ぎのばーちゃんなんだから、今更何着たってムニャムニャ…


とにかく、何かあったら私のケータイに連絡が来るということで、

今朝、祭り法被のお姉さんが迎えに着てくださり、

いつの間にか口紅まで引いて、ご機嫌よくお出かけになりました。


さて、今朝はちょっとだけ涼しいので、エアコンのフィルターの洗浄でも。






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

6:30 シャッター開けに入った際、検温36.5℃。

本人も、「楽になった感じ。でも、胸の辺りがざわざわしてる」
うん、抗生剤に叩かれた悪い菌を咳で外に排出しようと、身体が頑張ってるんだね〜。

…って、会話して、

我々(息子夫婦)が先に朝食済ませ、

何度か和室覗いたんですけど、すごく気持ち良さそうに寝てるので、そのまま様子見。

8:15 起き出して来て、廊下で立ち往生してるのでトイレ誘導。

Ben付着炸裂で、陰部洗浄、着替え、洗面介助(目やにで目バリ貼ったようだったよ)、

汚れた下着手洗いして、洗濯機投入。
(だからリハパンの方が良いって)
(相変わらず夏の間は綿パンが良いって言い張るから)
(でも、昨日はもう姿勢保持もできないぐにゃぐにゃ状態でリハパン履かせられんかった)

9:50 リビングにて朝食中。
トースト1/2、目玉焼き1/2、トマト、きゅうり、バナナ(1/2)、ヨーグルト、コーヒー、お茶
↑今ココ ぜえぜえ…

でも、見た感じ、結構普通の速度で完食したし、
若干滑舌悪いけど、ショート中の出来事一生懸命話してるし、
(『あのね、ママ』タイムは健在)

うん、身体跳ね上がるような咳も無いし、
昨日の38℃にはちょいとビックラこいたけど、明日のデイの夏祭り、行けるかも。

因みに、今日、じゃっくさん

土休で在宅なんですけど、

今朝の介助一連に、

完全ノータッチですっっ。

誰の親だよっっ!!!
(某)Tしお氏の爪の垢でも煎じて飲ませてもらえーーーーーっっっ(怒)






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

今日の午後、婆さまがショートから帰宅したんです





風邪ひいて帰ってきました〜((/TДT)/あうぅ・・・・泣)



連絡票にも、風邪の症状あり、鼻声、声枯れ、痰、体温37℃とあり、

改めて体温測ったら、20分間隔空けたのに、

最初が38℃、20分後が38.3℃。

∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

上がっとるやないかーい!


で、急ぎ、かかりつけのN医師のクリニックに駆け込み、いつもの抗生剤ジスロマックと去痰剤ムコダイン250mm処方して頂き、

明日のデイの欠席電話連絡を入れ、

色々、ご迷惑をお掛けしたショート先の看護師さんに、帰宅してからの様子とこれからの対応を報告したところです。
ぜえぜえ…






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

youkaigo4.png
YE━━━━━━ d(゚∀゚)b ━━━━━━S!!

要介護4。
平成31年7月末まで有効。
(年号変わってそうだけどな)

正直喜んでいいのか微妙なところですが、

まあ、前回(去年)まさかのダウングレード(要介護2)食らって、

怒りに震えながら冷静に区の介護保険課に不服の電話を入れ、

ケアマネ、デイケア担当PT、かかりつけ往診ドクターに、

唯一の介護キーパーソンのヨメが10月に子宮ガン手術を控えている事実を訴え、

区分変更による再調査、

1ヶ月間訪看休止の後、めでたく要介護3げとした、あのすったもんだを思えばそらもー有難いことで。


今回の聞き取り調査では殊更レベルダウンを主張するまでもなく、

例の複数の言葉を覚え、違う話題の後、先ほどの言葉を言ってもらう認知テストでは、

あれ、後ろで聞いててもワタシ結構真剣に覚えてないと忘れちゃうんですが、これまで5つの言葉でも百発百中だった婆さまが、

今回、「3つ覚えてください」と言われ、(3つじゃ簡単に回答しちゃうだろ)と思ってましたら、

2つは答えられたんですが、3つ目が最後まで出なかった。







たった3つの短期記憶が保てない。
…そういうことなんだ。

確かに、整容能力は格段に低下、話していても内容と名称がちぐはぐ(元々天然だからっていっても、もうそういう笑い話レベルは遥かに超えてる)、こちらがダンナやケアマネと複数の案件を話してると中途半端に聞きかじって、誤った情報がインプットされると、何度訂正してももう修正不可で、誰も来ないのにトイレ我慢してるとか、妙に緊張して過ごしてるとか、ですから、誰も来ませんって何度も言ってますでしょーと言っても初めて聞くような態度(多分前のは忘れちゃうから「初めて聞く」んでしょう)。

送迎前も支度が済んでないのにベッドに横になって寛いでたり、1時間後なのに装具持ってこいだの上着どれだの言ってるし。


やはり婆さまにも衰えは着実に進行しており、自立項目は以前より格段に減少している。

ついに、故爺さまと同じ介護度に昇格か…

かかりつけ往診ドクターの意見書も大いに効果があったと思われ、心から感謝申し上げる次第です。
(*´∀人)ありがとうございます♪

お盆行事とショートが済んだら、月末には担当者会議。
オラオラ カカッテコ-イ!щ(`∀ ´ щ)




>7/6 20:44 拍手からコメ下さったTさま
続きでお返事させていただいております。






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

▼read more

POTE

Author:POTE
家族:
ダンナ(じゃっく・仮名)
子供なし
婆さま(ダンナ母・90才要介護4 脳梗塞で左麻痺の車椅子)
爺さま(ダンナ父・2012.9逝去 享年95才 最後は要介護4の車椅子)

since2009.2.10

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30