在宅介護という名の過酷にして壮絶な終わりなき戦いの日々 自分の病気、ジツボとの関係 荒野に俺は一人だけ(笑)

ご挨拶&ご案内

***** 今更ですが、最近ご新規でコメントくださる方が多いようなので、案内TOPページ作りました
         通常記事はこの下↓にあります。 *****

ようこそいらっしゃいませ。
東京下町東のはずれで在宅介護専業主婦をしておりますPOTEと申します。

介護にまつわる不満のあれこれ、同居に関する不平の諸々、野放図に無責任に好き勝手吠えているだけのブログでございます。

故爺さま健在の頃はじじばば二人抱えての在宅ということもあり、
まさに認知老人あるあるの怒涛の日々、2009のブログ開設時はネタに困らない波乱万丈の日々でしたが、

2012.9末に爺さまを目出度く送り出すこと叶い、早や5年が経過、
婆さま一人となるとかつてのようなネタ降臨も久しく途絶え、時折宴会接待ワンオペに不平不満を吐きつつも、それなりに平穏無事な日々でございます。

生来のずぼら・てけとー・スーダラ人間オニヨメに加え、このところの寄る年波で、こまめなレスや相互訪問を求められましても、お応えできぬ場合がしばしばございます。
皆さまからの熱いコメントは全て拝読させていただいておりますが、基本きまぐれ更新、きまぐれコメレスの大雑把。

ここはそうゆうところなのね…と生温ーく受け入れて下さる方歓迎。

色々ご報告

婆さま はじめ、じゃっくさんもワタクシも健在です。


来週には婆さまは目出度く91才。(TwT。) マジ!?

そして、拙ブログでも何度か登場した
困った親戚、蘭子さん(仮名)
爺さまの弟(故人)の奥様
この方に関する記事にご興味のある方は「蘭子さん」でブログ内検索して下さい
但し、あまりお勧めはしませんし、わざわざリンク貼るつもりもありません


娘夫婦と折り合いが悪く
自己責任つーか因果応報とゆーか自業自得とゆーか
しばらく家を出て独居していたようですが、

10月に亡くなられました。



また、甥くん・嫁子ちゃんの第2・3子、ツイン姫ズ
11/2木に無事誕生。


母子ともに健康で、10金にママと一緒に退院した らしいです。

「らしい」っつーのは、出産当日に甥くんと嫁子ちゃんからそれぞれ無事出産を知らせる電話とメール頂いたんですけど、

それきり全く音沙汰無いので以後詳細不明。

お姉ちゃんが2,000gで妹ちゃんが2,200gつースペックのみ
巨災対(シン・ゴジラ)に提示された巨大不明生物並みの情報の少なさです

まー、新生児双子に、2ヶ月間ママと引き離されてた長男王子2才のお家ですからね。
そら、一斉にか順番エンドレスに誰か泣いてるとゆー記憶も飛ぶくらいの忙しさだろうことは容易に想像できます。

それでも、大婆さまがやいのやいの煩いので、一応18土に甥くん宛に詳細を問うメール送ったけど(嫁子ちゃん宛は流石に遠慮しますた)、今の所返事無し。

そんな感じで、逝く命、来た命、そして周囲は大わらわ。
だけど、POTE村家は普段と変わらずな秋でした。いや、もう初冬か?

そーれにしても寒いですねー。
皆様も暖かくしてお過ごし下さいませ。






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

もうそれで良いかー

以前はショートやデイの送迎車の乗降の前後、

横介助で、4点杖使用で自力歩行していた婆様ですが、

風邪引きやら何やらで、だいぶ歩行が怪しくなり、行きの玄関前階段を降りるのはどうにか出来ても、

帰宅時階段(たったの4段)が上がれなくなり、
掛け声だけは元気良くても、殆ど横介助のスタッフさんに担ぎ上げられてる状態

↓故じじ様の時もずいぶんお世話になった、段スロープをレンタル。
kurumaisukaijo.jpg
とにかく階段部分だけでも車椅子で上げてしまえば、後はヨメ一人で室内車椅子に移乗させるのも、段スロープ畳むのも出来ますので、

帰宅時に限り、段スロープ&車椅子で上げて頂いてます。
時短効果は明瞭。うちの前って下町にありがちなすり抜けできない狭い一通で、送迎時2~3台後続車止めちゃうのあるあるだし、事情が分からない人からクラクション鳴らされて嫌な思いすることも多かったので、もっと早く借りても良かったかも。


で、

玄関に入ってから、外用車椅子から両手介助で立ち上がらせて、90度回転して、玄関廊下に置いてある室内用車椅子に移乗してもらうんですが、

全体重預けられたりするので、結構真剣なんですが、
間違ってもつっかけサンダルじゃダメで、必ずスニーカー履きとかで足元しっかりホールドしないとプラス6キロの要介護者支える時、危ないの。

それが昨日のデイ帰宅時、バカに立ち上がりも身軽で、室内車椅子移乗も体幹がしっかりしててブレない安定感があって、ワタシかなりやり易かった。

POTE「今日、リハビリ体操でもしてました?何か凄く軽くていい感じでしたよ」

婆さま「(嬉しそうに)今日はねえ、ボール射的でいっぱい運動したし、テーブルにつかまって立ち上がり運動も沢山してきたから、それが良かったのかしら」

ああ、楽しくゲームしながら気がついたら身体をいっぱい動かしてたって良いですねえ。

婆さま「私達、跳ねたり走ったり出来ないけど、あの、捕まってしゃがんだり立ったりする運動ってすごく良いんですってよ、ほら、なんて言ったっけ。そうそう、

スクラップ!」

(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり







squat ですがなー
scrap どないしますのん

と思ったけど、もー良いかー


ただ、外で「スクラップ、良いわよ」とか言うとマズイので、後で訂正はしておきましたが、それでもまだ「スクラップ、スクラップ」って言ってますわ。
一度インプットされてしまうと修正できない高齢者(笑)






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

うろうろ弾丸 花と鳥さん

婆さま11/13月〜17金のショートでした。

で、この間、じゃっくさんが早出直行続きなんで、
ワタクシ、泊まりじゃないんですけど、日帰りで遊んで来ました。
IMG_0528.png

IMG_0529.png

IMG_0557.png

fullsizeoutput_46c.png
現在写真整理中。
ふくらはぎパンパン…
20,000歩程度でこの為体じゃあ、お遍路なんて絶対無理だ、ワタシ。






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝

白き翼の海 蒼き双眸の里

週末になると毎回台風が来ていた10月。
台風20号KHANUN(カーヌン)はベトナムの豪雨被害をもたらし、21号LAN(ラン)は衆院選選挙とかち合い、選挙速報と警報でTV画面が文字放送状態。
そんな天候不順の間隙をついて、婆さまの10月ショートの留守に久々弾丸した(懐かしのフレーズ 笑)のは、
simoda1.png
青い空、白い波の伊豆半島。

漆黒の勇ましき勇姿、黒船サスケハナ号。
simoda2.png
20分ほどの下田湾内クルーズで、カモメの餌やりに興じ、

元々は団体で乗ってらしたおじさまが買った「か○ぱえびせん」の小袋なんですけどね、
おじさま、ご自分で買ったはいいが、実はカモメが接近してくると怖いらしく、すぐにパッと放ってしまわれるんですけど、
お付き合いというか、お裾分けくださったワタスがいとも簡単に直接餌付けするので、後半殆どワタシにやらせてくださいました。

ポイントは出来るだけえびせんの下の方をしっかり持って、舷から腕を伸ばして静止してると、
カモメの方でロックオンして、素早く急接近し、えびせんだけ咥えて行きます。
kamome.png
最初はお互い?息が合わず、ワタシの指先ごと咥えたりしてましたが、そんな血が出るような噛まれ方はしませんし、とにかく余り無駄に動かず、カモメが咥えやすいように(安全確認の上)出来るだけ船の外側に腕を突き出すようにしてえびせんを差し出していると、

向こうも食い気で必死ですから(笑)、すぐにコツを掴んで、上手にえびせんだけ咥えて離脱していきます。

おじさまのご好意で、ワタクシ大変楽しい湾内クルーズとなりました。

この日の宿は下田から一駅戻った蓮台寺温泉の お宿星めぐり さん →
simoda13.png simoda14.png
元は割烹旅館さんだったのを昨年12月にオーナーチェンジ、お若いご夫婦が切り盛りしています。

お部屋は「こいぬ」。
室名は全て星座になっているようでした。
オリオンやアンドロメダという大星座に比べると、こいぬ座は小さい星座ですが、こいぬ座のα星プロキオンは大変明るい恒星であり、また、おおいぬ座のシリウスとペアで語られるので、よく知られています。

宿泊客はワタシの他にもふた組おられましたが、どちらも車で来ていて夕食は外でなさるということで、夕食のダイニングをワタクシ独り占めでございますた。

女性一人(つかおばさん一人だけどな)で寂しいんじゃないかと心配してくださったオーナーがずっと話し相手してくださいました。

天使の海老ことパラダイス・プローンエビのカルパッチョ 小アジの南蛮漬け 自家製豆腐
キンメの八丁味噌の奉書焼き 
茶碗蒸し 
牛ハラミステーキと地野菜(右から辛くない青唐辛子、マコモダケ、なす)、
おろしわさびはステーキと、ご飯にもトッピングして
ワサビご飯(写真だと分かりにくいですが、炊きたてご飯の上に細かく刻んだワサビ、その上におかか、お好みで醤油とおろしワサビを加えて混ぜ混ぜしてかっ込みますの うまうま〜!)
simoda4.png simoda5.png simoda6.png simoda7.png

デザートは手作りアイス(柚子だったような…)、いちじくとカスタードを乗せた軽焼きバケット、みかんと柿。
simoda8.png

お風呂は露天が一つ、内湯が二つ。
施錠できるので貸し切り出来ます。
ケロヨンの湯桶が千と千尋のオオトリ様だったよ。
simoda10.png simoda9.png

朝ごはんは酢の物、サラダ、おひたし、サツマイモの蜜煮、えぼ鯛の干物、おしんこ、海苔、ご飯、フノリの味噌汁。
朝もフルーツ付きで、梨とキウイ。
simoda11.png simoda12.png
布団は自分で敷く とか、
部屋にお茶セットはないが、浴場手前のスペースにポット(温・冷)と紙コップがあるので、必要に応じて湯上りに飲むか、紙コップに入れて部屋で飲むかすればいい とか、
旅館というよりペンション(民宿)に泊まるつもりで来た方がいいお宿です。

何せ、夫婦だけでやっておられるし(ハイシーズンはもう少し人手を入れるかもしれませんが)保育園年少さんの長女ちゃんがいるので、そのお世話に一人取られると残る一人だけで色々やらないといけないので大変。
確かに、壁が薄いとか(隣室の会話は聞こえなかったが、音量が大きいと隣が見てる番組の音がまる聞こえ)
虫が多いとか(建物の裏が雑木林で、横は家庭菜園で、露天も木々の枝が近いこともあり、何回かお風呂入って部屋に戻って、畳の隅で何か動いてる?と思ったら小さいゲジゲジさんでした うん、なんとかティッシュに包んで外に行ってもらいました 多分露天の脱衣棚にバスタオルと着替え入れた籠(タオル類と籠は宿提供)を置いた時、籠にくっついてきたんじゃないかと思われ それくらい自然豊かな土地です)
オーナー夫妻もまだぎこちなさもあるけれど、泊まりに来てくれた人を精一杯もてなしたいという気持ちはすごく伝わってくるお宿です。

翌朝、ワタシともう一組のカップルが朝食中(もう一家族泊まってたらしいんだけど早朝6時頃出立してった)、オーナー奥様がお茶の差し替えに回ってくださってる最中、朝風呂湯上り?のお嬢ちゃんがシャツとパーカー片手に上裸んぼ状態ダイニングに乱入して来ちゃって、奥さんが大慌てで服着せてた(笑 うちのひ孫王子と同い年だったよ)。

で、この旅行二日目がですねー。
予報でも90%の降水確率って言われてたんで覚悟はしてたんですが、
前日の爽やかな晴天と打って変わって、夜来からの雨は時間とともに更に激しさを増し、
こーなると乗り物乗り継いでの一人旅はどうにもなりません。
せめてもうちょっと小降りだったら、折角だから西伊豆までバスで〜とかせめて下田の街でも散策とか色々考えていたんですが、全部諦めざるを得ない土砂降りと気温の急降下。

となると施設内で遊べるところと、下田海中水族館に予定変更し、蓮台寺の駅まで送って頂けるかお願いしましたら、そのまま水族館まで乗せてってくださいました。
しかも、後部チャイルドシートの長女ちゃんもご一緒に。
ホントは同じ保育園のりゅーのすけくんと遊びたいんだそうです(ごめんなさいねえ 笑)。
ワタシ何度も「おかあさん」って呼ばれたんですけど、その都度オーナーが「お母さんじゃないでしょう、すみません」って謝ってくださったけど、多分「彼女の世界」では大きい(大人)女の人は「(保育園の)せんせい」か「おかあさん」なんだと思う。
それにしても、女の子ってお喋り早いのねー。

で、下田海中水族館なんですけど、

クラゲは相変わらず癒しでしたわー。
simoda15.png

そして、楽しいペンギンさん達との記念撮影。
ボッチをものともせず、係りのお姉さんに撮ってもらったよ。
simodakinen.png
で、下田海中水族館なんですけど、

ここって、自然の入江を利用して建てられた水族館なので、食堂棟、アクアドームは地下だから当然施設内なんですけど、それ以外の海上観覧席やマリンスタジアムは屋根はあるけど壁は素抜けで(東京ドームがテントで西武球場はタープと言われますがまさに西武球場状態 笑)、しかもショーの時間に合わせて艀(はしけ)の回廊を回っていくんですが、

雨交じりの超強風が吹き抜けていくんで、体感温度が物凄く低い。

食堂棟から入場して、アクアドーム通過して、まずペンギンショー見て、アザラシショー見て、カマイルカショー見て、アクアドーム大水槽で、ダイビングスーツのスタッフが海の生き物の説明や餌やり見せてくれて、最後がメインイベントの海上ステージでのイルカショーだったんですけど、

死 ぬ ほ ど 寒 か っ た 。
simodasuizokukan.png
もうね、強風にさらされて途中で見るの辞めて抜けようと思いましたよ。
それくらい寒かった。
だけど、平日の上、悪天候でそれほどお客さんが大勢いるわけじゃないんで、抜けるとすごく目立つのよ。
その中で、一生懸命イルカサーフインとか、ロケッチランチャージャンプとか見せてくださるイルカちゃんたちとスタッフの頑張りに応えて?最後まで拍手しましたけど、

冷え切ったわー。

退散退散と、駅までの循環バス乗ったら車内があったかくてマジ天国かと思った。

南伊豆のフリー切符で行ったので、伊豆急エリア〜伊東までなら途中下車できるので、どこかで小雨になってくれれば、稲取のバナナワニ園とか伊豆高原の美術館、伊東のマリンタウン(道の駅 温泉あり)で途中下車も考えたんですが、

結局、熱海過ぎるまで風雨は止まんかったです。
夕方にはまだ早い時間帯だったので、ガラ空きだった帰りの伊豆急観光電車リゾート21「キンメ電車」。
simoda16.png
キンメダイレッドで統一され、「下田」「稲取」「熱川」「伊東」と車両ごとに異なる観光地の楽しい宣伝がいっぱい。
「乗って楽しい車両」を目指し設計された、全車自由席の普通電車。
普通電車ですよ、山手線や京浜東北と同じ、指定席券の要らない普通料金で、空いている席ならどこにでも自由に座れるんです。
なんてバブリー。

この後熱海からは東海道線(普通)で東京駅までガタコン揺られ、山手線、総武線乗り継いで、結局全部普通電車で帰宅したという。
いやーいっぱい電車乗ったどー(笑)

そして、この後自宅の風呂でゆーっくりあったまって、根菜たっぷりのスープ煮食べて、色々用心したのに、
翌日、婆さまがショートから帰宅した20金には猛然と喉が腫れ、
21土にはかかりつけ往診医のN医院に駆け込み、レボフロキサシン(抗生剤)とロキソプロフェン(鎮痛剤)(いずれもジェネリック)処方されましたの (T ^ T)。
しかも、ようやく症状軽くなったと思ったら、婆さまがまったく同じ症状見せ始めたんで、「せんせー、おばーちゃんに感染しちゃったー」とまたもやN医院に駆け込んだという。

最後はじゃっくさんにまで回ってようやく鎮静。
やっぱり体力有るのねー。
じゃっくさんは目やにの症状(弱いところに出る)だったけど、幸い一日で回復。
ちょうど耳鼻科受診したばかりで、耳鼻科だけど抗炎症剤もらってた。



皆様もどうぞお大事に。


宮沢賢治 星めぐり

あかいめだまの さそり
ひろげた鷲の つばさ
あをいめだまの 小いぬ
ひかりのへびの とぐろ

オリオンは高く 
うたひ つゆとしもとを おとす
アンドロメダの くもは
さかなのくちの かたち
大ぐまのあしを きたに

五つのばした ところ
小熊のひたいの うへは
そらのめぐりの めあて


高倉健さんの「あなたへ」で田中裕子さんが歌っていた歌でしたね…






ランキング参加中
よろしければクリックを
介護ブログ 在宅介護へ

拍手して下さるアナタに感謝
  次のページ >>